当サイトで度々紹介しています、STDチェッカーですが、その販売サイトが4月に全面リニューアルされました。

私がSTDチェッカーを初めて使ったのが2009年の末ですが、これほどの全面リニューアルは初めてです。まるで別の会社のホームページみたいにガラリと変わりました。

しかし、その生まれ変わったSTD研究所のリニュールサイトは今までにも増して有益な情報でいっぱいです。

ぜひ、あなたも新しいホームページをご覧下さい。

そしてHIV検査キットを選ぶ時の参考にして下さい。

 

特に、HIV感染の不安を感じているあなた。HIV検査を迷っているあなた。そんなあなたには必見です。

私も長い間、HIVやエイズに関するブログを運営してきましたが、こんなに情報がいっぱいで、分かり易くコンパクトにまとまったページは見たことがありません。

あなたが知りたいこと、知っておくべきことは全て載っています。凡そ8,000文字の中に、必要な情報がぎっしりです。

こちらからどうぞ。

『HIV/エイズ検査の解説』

◇HIV/エイズの情報満載

ここで主な記事の目次だけ紹介しましょう。どんなことが書かれているかお分かり頂けると思います。

1.HIV/エイズ検査はこんなときにおすすめ

2.ココが違う!STDチェッカーのHIV/エイズ検査キット

3.HIV検査全体の流れ

4.HIV検査を受ける時期

5.HIV/エイズ検査 よくある質問

6.HIV/エイズのいろいろな検査法

1番から4番は言わば基礎知識みたいなものです。ぜひ知っておくべき情報がとても分かり易く、図解もまじえて説明されています。

 

そして5番、6番が最も他の検査キットサイトと異なる記事です。

「よくある質問」では全12問、まさにHIV感染の不安を持つ人なら誰でもが質問したいことばかり載っています。

もしも検査結果が陽性だったら、どうすればいいのか。こんな質問も出てきます。これは万一の場合に備えて絶対に知っておきたい情報です。

 

また、こんな質問も出てきます。

『行為から3ヵ月後の検査が必要とのことですが、3ヵ月とは、90日でしょうか。それとも84日(12週)でしょうか。』

どうですか?あなたはこんな疑問、感じたことはありませんか?そして、この質問の答えが分かりますか?

 

『HIV/エイズ検査の解説』

◇HIV検査のことが詳しく分かる

何と言ってもHIV検査そのものを分かり易く、かつ詳しく説明しています。

HIV検査キットだけでなく、保健所や病院で行われているHIV検査の原理まで記事にしています。

STDチェッカーが第四世代のHIV抗原抗体検査であることは当サイトでも説明しましたが、それがあなたにとってどんなメリットがあるのか、詳しく書かれています。

 

第四世代のHIV検査である、化学発光酵素免疫測定法(CLEIA法)の他にも粒子凝集反応(PA法)、イムノクロマト法(IC法)、ウェスタン・ブロッド法、NAT検査と言ったHIV検査の原理、特徴が説明されています。

 

どんな場合に、どんなHIV検査を受けるべきか、凡そのことが分かります。私たちは医療の専門家ではないのでそんなに詳しく知る必要はありません。

 

しかし、凡そのことを知っておくと、HIV検査を受ける正しいタイミングが分かるし、検査の信頼性も分かります。

これからHIV検査を受けみようと思うあなたには絶対お奨めのページと言えます。

『HIV/エイズ検査の解説』

この記事を読んでからHIV検査キットを選んで下さい。私が自分でSTDチェッカーを選び、あなたにもお奨めする理由がお分かり頂けると思います。

 

アイコンボタンSTDチェッカーは保健所や病院と同じ、第四世代のHIV抗原抗体検査を採用。

アイコンボタン他社の第三世代検査より、急性期の検査では高い信頼性が期待出来ます!

フッターバナー6

第四世代のHIV抗原抗体検査です!
タイプJ ・第四世代のHIV検査
(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。
¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
 

タイプO

・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。
¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
気になる5項目をまとめて検査!
 

タイプE

・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気
¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから