HIV自己検査キットの使用警告記事の第10弾です。

またかい!

と思わずお読み下さい。

 

◇安堵の声

ある、HIV自己検査キットの公式サイトには10数件のユーザーの声が掲載されています。

 

そのユーザーの声を全部読んでみたのですが、ほぼ全てに共通する記述が見られます。

その一部をちょっとご紹介しましょう。

ただし記事の前後、途中を省略してあります。

■自分は感染していないかどうかを知りたかったので、自分でも検査できるキットを購入しました。ちなみに検査の結果は陰性だったので安心です。

■エイズ検査が自分の家でもできるとのことのなので、この検査キットを購入しました。検査してみた結果、今のところはHIVに感染していないようなので安心です。

■使い方はすごく簡単です。5分くらいで終わりました。ずっと不安なままで過ごすより検査して安心したほうがいいと思います。

■使い方も思ったより簡単だった。結果は陰性。良かった。結果見るまでヒヤヒヤだった。

■使い方が不安でしたが、思っていたより使い方はいがいに簡単だったので、自分でもすぐ使う事ができました。結果は陰性でした。

まぁ、こんな感じでユーザーの声が続きます。

どの声にも共通しているのは、

『簡単に使えた』

『検査結果が陰性で安心出来た』

この2つが出てきます。

では、本当に簡単なのでしょうか・・・

本当に検査結果に心から安心出来るのでしょうか・・・

 

◇厚生労働省が警告!

では次に厚生労働省の関連サイト「HIV検査相談マップ」に掲載されている記事をご紹介しましょう。

HIV自己検査キットを使用することに対して警鐘を鳴らしています。

ただし、特定のHIV自己検査キットに対してではなく、厚生労働省が調査を行ったHIV自己検査キット全般に対しての警告です。

こんな内容の警告です。

『日本では、自分で採血し郵送した検体を専門機関が判定し、その結果を受け取る方法(郵送検査キット)があります。

この郵送検査キットとは異なり、HIV自己検査キットは「検査を受ける人自身が結果の判定まで行うもの」です。

HIV自己検査キットの使用はお勧めできません。』

いきなりこんな出だしで警告記事は始まります。

当サイトでも紹介している郵送式の検査キットは否定していないけど、HIV自己検査キットは否定しているのです。

では、警告記事の続きを読んでみましょう。

『現在、厚生労働大臣が性能や安全性を審査し流通を認めたHIV自己検査キットはありません。

また、そのようなものを宣伝広告することも禁止しています。』

何と、HIV自己検査キットは宣伝することも禁止されているのです!

これは意外です。

一部のHIV自己検査キットは「病院などの医療機関でも使われているので安心です」などと宣伝しています。

あれは違法ってことなのでしょうか?

そもそも、日本の医療機関では絶対にHIV自己検査キットなんて使っていません。

どこか、はるかかなたの遠い国では使っているのかも知れませんが。

『ネット上では「購入は自分自身の責任で」と断り書きをつけて、実際は一般の雑貨と同じように輸入を煽っています。』

これが実態なのですね。

『品質管理の行き届いた施設で製造されている保証もなく、偽造品だったこともあります。

使用法や判定法の説明も不十分で、一般人が正しく使用できるか疑問のあるもの、また、偽陽性や偽陰性を示すものもあります。』

こんなふうに警告しています。

ただし、先ほども説明しましたが、これは特定のHIV自己検査キットに対する警告ではありません。

HIV自己検査キット全般に対する警告です。

 

◇ギャップあり過ぎ!

いかがでしょうか。

最初のユーザーの安堵の声と、厚生労働省の警告文と、あまりにギャップがあり過ぎませんか?

思わず、

『あなたたち、そんなに安心して大丈夫ですか?』

そう言いたくなります。

HIV自己検査キットの中には、公式サイトで

「この検査キットは簡易式であり、医療機関での再検査をお奨めします」

とハッキリ書いているものもあります。

それはそれでユーザーに対して誠意が見えるように思います。

少なくとも、ユーザーがHIV自己検査キットの「陰性」結果に安堵して、それでお終いにはならないでしょう。

ネットでHIV自己検査キットを検索してみると、やはり少しずつ販売サイトの数が増えているように思います。

同時に、利用を警告するサイトも増えているような気もします。

むろん、個人輸入で購入し、あなたの自己責任で使用することは違法ではありません。

ただ、あなたにはHIV自己検査キットのリスクも知ってもらって、その上で判断して欲しいと思います。

私はあなたにHIV自己検査キットではなく、郵送式のHIV検査キットを使って欲しいと思います。

フッターバナー6

「いきなりエイズ」の前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
 

タイプO

・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
気になる5項目をまとめて検査!
 

タイプE

・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気。

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから