GME医学検査研究所のHIV検査キットには、スタンダードパッケージとローコストパッケージの2種類があります。

それぞれの仕様と、お買い得感、あるいは注意点などをご紹介したいと思います。

あなたのHIV検査キット選びにお役立て下さい。

◇スタンダードとローコストの違いとは?

市場に多くのHIV検査キットが売られていますが、同じHIV検査でスタンダードパッケージとローコストパッケージの2種類があるのはGME医学検査研究所だけです。

他の性感染症検査キットメーカーでそんな2種類を用意している会社はどこにもありません。

では、GMEのスタンダードとローコストはどう違うのでしょう?

それを説明したいと思います。

1.梱包と価格が違う

何が違うと言って、まずは外観と値段が違います。これが一番分かりやすい異なる点です。

●スタンダードパッケージ


¥4,730(税込)

 

●ローコストパッケージ


¥3,440(税込)

お分りでしょうか。

見た目の違いとして、スタンダードパッケージは、まぁごく普通に梱包されています。

しかし、ローストパッケージは見た通りアルミの封筒に入っており、味もそっけもありません。

むろん、機能的には同じ検査キットであり、あくまでも見た目、梱包の問題です。

それでお値段は4,730円と3,440円ですから、1,290円の差となります。

「梱包が違うだけで1,290円も安い?じゃぁ、絶対ローコスト!」

思わずあなたはそう思うかも知れませんね。

でもちょっと待って下さい!

さすがに梱包が安っぽいだけで1,290円も値引きされるはずがありません。

他にもまだ異なる点、差があるのです。

 

2.予備キットが付属であるか、ないかの違い

スタンダードパッケージには本検査キットとは別に、予備キットが初めから付属でついています。

一方、ローコストパッケージにはこの予備キットがついていません。

●スタンダードパッケージ⇒予備キットあり。

●ローコストパッケージ⇒予備キットなし。

この予備キットと言うのは、下の写真のような血液検査のセットになります。

●予備キット



この予備キットはどんな時に必要になるかと言えば、

「血液採取を失敗したとき」

に必要になります。

ではどんな時に失敗するのか?

これはですね、僕の経験から言うと思ったより血液の出方が少なかった時です。

ランセットは本検査キットにも2個入っているのですが、何しろ針は1回きりしか出てきません。

これは安全衛生面の考慮からそうなっているのですが、とにかく2個使って失敗したらもう終わりです。

そこでスタンダードパッケージには予備キットが付属されており、ランセットがもう2個入っています。

さすがに4回やって全部失敗することはないと思います。

予備キットがあれば安心です。

あなたが初めてHIV検査キットを使う初心者なら、やはりスタンダードパッケージをお奨めしたいと思います。

ちなみに、私も予備キットまで使って検査した経験があります。

下の写真を見て下さい。ランセットを使って、こんな感じで血液を出します。

この血液量が足りないと失敗です。

指から血が出る

でも、最初は何となく痛そうで、怖いものです。本当はほんのちょっと、「チクッ」とするだけなのですが。

でも怖くて思い切りが悪くて、血液量が足りないことがあるのです。

ついでに付け加えますと、スタンダードパッケージでは予備キットでも失敗した場合、更に採り直しキットを無料で郵送してもらえます。

ここまでフォローしてもらえば完璧ですね。心配無用です。

くり返しますが、あなたが検査キット初心者ならスタンダードパッケージをお奨めします。

 

3.発送形態が違う

次に、発送形態の違いがあります。

●スタンダードパッケージ⇒ヤマト運輸・郵便局留め

●ローコストパッケージ⇒ネコポス

ネコポスってご存知ですよね?

ヤマト運輸があなたのご自宅のポストに投函してくれるサービスです。宅配便とは違います。

もしもあなたが、ご家族や同居人にナイショでHIV検査をやろうとしたら・・・

これはもう、ヤマト運輸のセンター止めや郵便局留めの方が絶対安全ですよね。

ネコポスでは他の誰かに見つかってしまう可能性があります。

あなたがずっと郵便ポストの前で待っているなら別ですが・・・。

 

◇まとめ

では最後に、もう一度スタンダードパッケージとローコストパッケージの差をまとめておきます。

比較項目 スタンダード
パッケージ
ローコスト
パッケージ
価格 ¥4,730(税込) ¥3,440(税込)
梱包 梱包箱+茶封筒 アルミ封筒
予備キット 有り 無し
採り直しキット 無料 有料
配送 宅配便・郵便局留め ネコポス

注)詳しくはGMEホームページでご確認下さい。

初心者のあなたは失敗のないよう、スタンダードパッケージがお奨めです。

何度か使って慣れているあなたはローコストパッケージでお安く。

こんな使い分けかなと思います。

ちなみにですが、未だに私は毎回スタンダードパッケージです。何せ心配性な性格なもので・・・。

■スタンダードもローコストも詳細はこちらから。

GME HIV検査キット