「心の弱い人には郵送式HIV検査キットは不向き」

こんな記事をネット上で見つけました。

はたしてこの意味は?そして本当なのでしょうか?私なりに考えてみました。

 

◇HIV検査キットは「陽性判定」が最大の課題

冒頭の記事はあるエイズ関連ブログの中から私が偶然見つけた記事です。なぜ、心の弱い人には郵送式HIV検査キットが不向きなのか?

それは、万一「陽性判定」が出てしまったとき、心の弱い人は完全にパニックになってそのまま検査結果を放置してしまう危険性があるからだというのです。

今更いうまでもなく郵送式HIV検査キットはスクリーニング検査であって確認検査ではありません。

仮に「陽性判定」が出てもHIV感染が確定するわけでもなく、次に確認検査を受けて再び「陽性判定」が出れば、そこで初めて確定します。

スクリーニング検査の段階ではまだ偽陽性の可能性があるのです。

そして、こんなことはHIV検査を受けるほとんどの人は事前に知っています。しかし、いくら事前情報として頭で分かっていても、いざ目の前に「陽性」と判定結果が出たら、平気な人はいないでしょう。

特に心の弱い人は、

「きっとHIVに感染している!」

と自分かってに思い込んでしまうかも知れません。そして確認検査が怖くなって、そのまま放置してしまうかも知れません。

これが郵送式HIV検査が心の弱い人には不向きという理由だとブログでは指摘しています。

一方、この「陽性判定」を目の前にした時、もしも医師や看護師、専門家がそばにいて完全フォローしてくれたらどうでしょう。

●確認検査を受けるまではHIV感染は確定しない。偽陽性かも知れない。

●仮にHIVに感染していても早期治療によってエイズ発症を抑えることが可能。

●抗HIV治療も進歩して薬の量も減ったし副作用も改善されている。

●治療費も各種の支援が受けられ、自己負担は軽くなる。

こうしたことを分かりやすく説明してくれたとしたらどうでしょう。心が弱くていったんは頭真っ白、パニックになっても自暴自棄になったり検査結果を放置することはないでしょう。

今回私が見つけたブログ記事に限らず、多くの医療関係者は郵送式のHIV検査キット最大の課題は検査結果が「陽性」だった場合に十分なフォローが難しいことだと指摘しています。

 

◇本当に心が弱い人はどうすべきか?

STD研究所には実際にHIV検査キットを利用した人たちの声がたくさん寄せられています。この記事を書いている2016年7月27日現在、STDチェッカータイプJ(HIV検査専用キット)の利用者の声は実に2,658件も寄せられているのです。

私もその利用者の声をかなりの件数読みましたが、すべて検査結果が「陰性」だった人ばかりです。1件として「陽性」だった人の声はありませんでした。

考えてみれば当然です。「陽性」判定を受けた人が利用者の声など書いてる余裕があるはずがありません。実際にどんな心境になるのか、体験者の声を知ることはできません。

しかし、以前に当サイトで「HIV検査キットの偽陽性に注意しよう」という記事を載せましたが、スクリーニング検査で陽性が出た場合、それが偽陽性である可能性はけっこう高いものがあります。

従ってスクリーニング検査で陽性判定が出た場合、最も重要なことは何が何でも確認検査を受けることです。もしも偽陽性ならHIVに感染していないと分かり安心出来ます。

また再度陽性となってHIV感染が確定したとしても早期発見、早期治療によってエイズ発症を抑えることも可能です。

これがスクリーニング検査の陽性判定を放置したままにしていたらどうなるでしょう。本当にHIVに感染していれば数年先に「いきなりエイズ」を発症します。きわめて危険です。

またHIVに感染していなかったとしても、それが分からないのでずっと怯えまくりの日々が続きます。ちょっとでも風邪をひこうものなら、「もしやエイズの症状では?」と不安になります。

帯状疱疹など出た日には、もう最悪、絶望的な気持ちになってしまいます。本当はHIVに感染しておらず、ただの思い込みなのですが。

こう考えると、郵送式のHIV検査キットに限らず保健所HIV検査でも病院のHIV検査でも、「陽性」判定が出たときには絶対に確認検査を受ける、という覚悟を予めしておく必要があります。

それも、リアルな覚悟が必要です。何度も自分で「本当に確認検査を受ける勇気があるか?」と想像してみる、シュミレーションしてみる必要があります。

そして、どうしても自信がない、逃げ出してしまうかも、と思うあなたは、やはり郵送式のHIV検査キットより保健所でのHIV検査がお奨めです。

あなたの独力でHIV検査を受けるのは止めておいたほうが無難かと思います。

しかし、それでもなお、

「いや、逃げ出すかも知れないけど保健所の対面検査はもっと嫌だ!」

と拒否反応を示すあなたは、どうでも覚悟を決めて頂くしかありません。あなたの命を守ること以上に重い決断などありえないはずです。

アイコンボタンエイズ発症前のHIV検査は救命的検査となります。

フッターバナー6

「いきなりエイズ」の前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
 

タイプO

・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
気になる5項目をまとめて検査!
 

タイプE

・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気。

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから