STD研究所のホームページを見ていると、HIV検査キット購入者の中に、

「使用済みのランセットが再利用されることはありませんか?」

という質問がけっこう多いそうです。

実は、当サイトのユーザーから私の元へも同様の質問を頂いたことがあります。

私は自分がHIV検査キットを利用したときにはそんな心配は全くしませんでしたが、気になる人には心配なのですね。

◇ランセットとは?

ランセットをご存じない人もいると思いますので、最初にランセットとは何かを説明しておきますね。

ランセットとは、HIV検査キットに付属でついている、採血用のツールです。

ランセットを指に押し当てると中から細い針がほんの少し飛び出して出血させます。

その血液をろ紙に吸い取らせて検体として郵送するのです。

ランセットを押しつける

このランセットの安全性については以前に、『検査キットのランセットは安全か?』と言う記事で詳しく書きました。

まだ読まれていないあなたはぜひご覧下さい。

何しろ直接血液に触れるツールなので、他人が一度使ったランセットを再利用されてはたまりません。

そこから実際にHIVが感染する確率は極めて小さいでしょうが、それでも嫌ですね。

◇STD研究所の検査キットが安心できる理由

私は何回かHIVを始め、性感染症の検査キットをSTD研究所から購入しました。

他社の検査キットは使用したことがありません。

なぜなら、STD研究所が一番信頼できる検査キット販売会社だと信用しているからです。

そのSTD研究所には冒頭に書いたようなランセット再利用の質問が来るそうです。

それに対して、STD研究所が安全である説明を行っています。

その安心出来る理由の1つが、こんな理由です。

「STD研究所では、検査キットを製造するラインと、検査するラインが、全く物理的に離れた場所で行っている。」

と言うものです。

すなわち、製造ラインはSTD研究所から外部に委託された工場で行われており、検査用に郵送された検体と使用済みのランセットはSTD研究所に送られてきます。

●ランセットの出荷準備⇒外部の委託工場

●使用済みのランセット回収⇒STD研究所

こんなふうに出荷前と回収後は別々の場所なのです。

これが何を意味しているかと言えば、回収されたランセットが再利用されることがあるとすれば、それは意図的な場合であって、偶発的な人為ミスでは起こりえないという事です。

何しろ同じ場所にないのですから、間違って再利用される心配はありません。

もしも回収ラインと出荷ラインが同じ敷地内の工場にあったとしたら、間違って混入する可能性が全くのゼロとは言えないかも知れません。

しかし、物理的に全く離れた場所に分かれていれば間違えようがありません。

もしも再利用があるとすれば間違いではなく、意図的な場合のみです。

部品コスト削減を狙って再利用・・・などという可能性を考えると、これまたあり得ません。

なぜなら、ランセットを再利用しようとすればいったん分解して再組立てになるからです。

それではコストがかかってメリットがないし、使用後のランセットを分解、組み立てする作業はそれこそ危険であり作業者が誰もやりたがらないでしょう。

人為的なミスと言うのは完全にゼロにするのはとても難しいものです。

「なんでこんな間違いが起きるのか?」

と、あきれるようなミスを人は時としてやらかします。

私はかつて電子パーツの量産工場で品質管理の仕事をしていました。

製造現場で嫌というほど人為的なミスを経験してきました。

それゆえ、STD研究所がランセットの出荷前と回収後を別々の場所で行っているのはとても合点がいきます。

STD研究所以外でランセットの安全性をここまで説明しているメーカーを私は知りません。

こんなところにもSTD研究所の信頼を感じます。

■関連記事:この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

『検査キットのランセットは安全か?』

「いきなりエイズ」の前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
 

タイプO

・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
気になる5項目をまとめて検査!
 

タイプE

・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気。

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから