当サイトでは繰り返し、

「早期のHIV検査は救命的検査」

と言い続けてきました。

いくつかの記事には、なぜ「救命的」なのか、その理由も書いてきました。

今回は、早期の検査が「救命的」である理由をまとめて説明してみたいと思います。

 

◇進歩した抗HIV医療

まず、「救命的」である説明をするとき、大前提となるの抗HIV医療の進歩です。

かつてHIV感染症が致死的疾患だった時代には、仮にHIV感染が早期に分かってもやれることは限られていました。

●経過観察を行う。

●二次感染の防止を行う。

●なるべく免疫力を落とさない生活習慣を注意する。

こうしたことが行われました。

しかし、低下していく免疫力を回復させることは不可能でした。

いったんエイズを発症すると日和見感染症によって命を落としていました。

当時もいくつかの薬はありましたが、一時的に回復傾向になってもすぐにまた症状は悪化していたのです。

つまり、当時は早期のHIV検査は「救命的」ではありませんでした。

抗HIV医療の転換期は1997年頃です。ART(最初はHARRTと呼ばれた)の導入によってHIV感染による免疫力低下を回復させることが可能になりました。

体内のウイルス量をコントロールし、検出限界以下まで抑え込むことが出来るようになったのです。

その結果、かつて致死的疾患であったHIV感染症は慢性疾患に近い病気となり、エイズ発症を防ぐことも可能になりました。

この段階にきて、初めて早期のHIV検査は「救命的」となったのです。

では、早期のHIV検査が「救命的」と言うからには、HIV感染に気付かずそのまま放置していた場合、どんなことになるのか?

そこが問題です。

 

◇専門書、医療サイトにみる「救命的」の意味

では、HIV感染が早期に発見できなかった場合、いったいどんな予後となるのか。ARTはどの程度有効なのか。

それを専門書や医療サイトから引用してみましょう。

■AIDSとは(国立感染症研究所)ホームページより

『初期症状は数日から10週間程度続き、多くの場合自然に軽快する。この時期に診断が出来ると、その後の治療及び経過に圧倒的に有利になる。』

引用元:http://www.nih.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/4321-aids-intro2013.html

ここでは早期のHIV検査によって、エイズ発症前に治療を開始することが、

「圧倒的有利になる」

という表現を使っています。

裏を返せば、エイズ発症後の治療がいかに難しいかを示しています。

 

■医薬ジャーナル社ホームページ 岡真一氏(エイズ治療・研究開発センター センター長)

『あいかわらずエイズを発病して初めてHIV感染症に気づく人が後を絶たず,重篤な合併症の後遺症を残したり,場合によっては救命できないような例も少なくありません。

HIV感染症にかかっている事実を,エイズ発病前に知るか知らないかでその後の生活が大きく変わってしまうのです。』

引用元:https://www.iyaku-j.com/onlinemed/Journal/bookpdf/pdf/19714.pdf

「早期のHIV検査は救命的検査」という表現は、岡氏の著書によって初めて知りました。

岡氏はエイズ治療・研究開発センターのセンター長であり、ネットや書物、多くのメディアを通じて警鐘を鳴らしています。

 

■HIV患者の予後の観点から

『診断が遅れてエイズ関連疾患を発症した場合には、HIV感染症は現在の医療レベルをもってしても致死的となりうる、恐ろしい疾患である。』

引用元:「HIV感染者の早期発見と社会復帰のポイント」(医薬ジャーナル社 岡 真一編)

先ほどご紹介した岡氏の編集による一冊に書かれています。

最近の風潮として、

「HIVに感染しても薬を飲めば死ぬことはない。」

という安堵感が広まっているようです。

確かにその通りなのですが、あくまでも早期発見、早期治療が出来た場合です。

エイズ発症後の治療開始は予後が悪いケースもあることを知っておくべきです。

 

■早期診断する意義は何か?

『免疫力が極度に低下すると日和見感染症は1つだけとは限らず、2つ、3つ時には4つ、5つと複数の病態が同時に重なってきます。

(中略)このような場合は診断も困難となり治療も容易ではありません。いきなりエイズとなる前に診断すべきです。』

引用元:「これでわかるHIV/AIDS診療の基本」南江堂 白坂琢磨 編著

白坂氏はHIV/AIDS先端医療開発センターのセンター長であり、岡氏同様多数のメディアに登場され、著書も多く出されています。

 

■AIDS発症してからの病院受診

『抗HIV療法が進歩した今でも、日和見感染症の治療開始が遅れれば、死亡したり後遺症を残したりすることもある。』

引用元:「HIV感染症診療マネジメント」医薬ジャーナル社 今村 顕史著

今村氏はがん・感染症センター都立駒込病院感染症科医長です。

 

◇まとめ

以上、2つのサイト、3冊の本からの引用を紹介しました。

いずれも言ってることは全て共通であり、

「HIV感染は早期に発見できれば慢性疾患に近い病気になったが、発見が遅れていきなりエイズを発症すると、致死的であったり、後遺症が出る場合もある。」

ということです。

すなわち、

「早期のHIV検査はあなたにとって救命的検査である。」

これが言わんとすることです。

あなたにHIV感染の不安、心当たりがあれば、どうか速やかにHIV検査を受けて下さい。

あなたが最も恐れるべきはHIV検査の結果が陽性となることではなく、HIV感染に気付かないことです。

いきなりエイズを発症して、、治療開始が遅れることです。

これこそがあなたにとって最も避けるべき事態です。

繰り返しますが、

「早期のHV検査はあなたにとって救命的検査となります。」

検査時期と信頼性

CLEIA法