もしもあなたがHIV検査キットで陽性判定を受けとったら。あまり考えたくないことではありますが、万が一に備えてこの記事を読んで下さい。

◇もしもあなたが「陽性」判定だったら・・・

当サイトはあなたにHIV検査キットの選び方や使い方をご紹介するサイトです。多くの記事は私自身のHIV検査を受けた体験が元になっています。

私はずいぶん怪しい症状を連発していたのですが、検査結果は陰性でした。HIVには感染していなかったのです。私のHIV検査に関する体験はそこで終わっています。

HIV検査を受けるまでは時間もかかったし、すごく悩みました。辛い思いも不安な時期も体験しました。しかし、幸いにも検査結果は陰性だったのです。

従って私は確認検査を受けたこともなければ、ましてやHIV感染確定後の体験なんてありません。自分が体験していないことをあなたにお伝えするのは難しいです。

だから当サイトではHIV検査キットを使って検査を受けるまでの手順や注意点、役立つ情報を集めています。検査結果が陽性だった時にどうすればいいのか、ほとんど触れていません。

しかし、あなたがHIV検査を受ける以上、絶対に陰性になる保証はありません。陰性であって欲しいけど、運悪くHIVに感染している可能性もゼロとは言えません。

では、もしもあなたがHIV検査キットで「陽性」判定を受け取ったらどうすればいいのか?

むろん、HIV検査キットはスクリーニング検査なので、あなたのHIV感染が確定したわけではありません。次の段階として確認検査を受けることになります。

そうした手順は万一の時には検査キット会社から詳しく説明があります。少なくともSTD研究所ではあなたが望めば医療機関の紹介までしてくれます。可能な範囲で相談にものってくれます。

しかし、STD研究所も治療を主とした医療機関ではありません。あくまで検査キットメーカーです。自ずからそこには限界があるはずです。

 

◇「確認検査待ちの人」へ

もしもあなたがHIV検査キットで「陽性」判定を受けたら、ぜひ見て欲しいサイトがあります。それは特定非営利活動法人「ぷれいす東京」のホームページです。

「ぷれいす東京」はHIV感染者の支援組織として1994年から活動している有名な団体です。

その「ぷれいす東京」のホームページの中に、こんなページがあります。

『HIV陽性とわかったばかり/確認検査待ちの人へ』

と言うページです。

ハッキリ言って、HIV陽性が確定した後にどうすればいいのか、どこに相談すればいいのか、そうした情報が大変詳しく載っています。

「HIV陽性とわかったばかりの人」には本当に役立つ情報だと思うのですが、「確認検査待ちの人」にはどうなんでしょう。もしかしたら「陰性」かも知れないし、まだHIV感染と決まった訳ではありません。その段階で必要な情報なのでしょうか。

しかし、確認検査の結果が「陽性」だったとき、いきなり告知を受けるとその精神的ショックは想像するに余りあると思います。多くのHIV陽性者の方々の手記、体験記を読ませてもらいましたが、本当に胸が苦しくなります。

たぶん、告知のショックを少しでも和らげ、冷静に考えるために予めHIV感染確定後のことを知っておいた方がいい、と言う趣旨なんだと思います。

「確認検査待ちの人」がHIV感染確定後の情報を知る意味はそれ以外にはないと思います。そして、HIV陽性者のためのサイトは多数ありますが、「確認検査待ちの人」を対象とした情報は私が知る限り、ここだけです。

あなたが今日紹介したサイトを見ることがない事を祈りつつ、万一の時には少しでもお役に立てればと思います。

アイコンボタンエイズ発症前のHIV検査は救命的検査となります。
フッターバナー6

「いきなりエイズ」の前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
 

タイプO

・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
気になる5項目をまとめて検査!
 

タイプE

・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気。

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから