HIV検査キットで最も大事な選択ポイントは信頼性です。

どんな点に注意して選べば最も信頼性の高いHIV検査キットが手に入るでしょうか?

今から私が説明する選び方は私の体験に基づくものです。

実際に経験した上で記事にしているのできっとあなたの参考にして頂けるものと思います。

まず、輸入品は止めた方が無難です!

あなたが通販で手に入れることが出来るHIV検査キットは何種類もありますが、まず輸入品は止めておいた方が無難です。

いわゆる、「自己検査キット」と呼ばれている、自分で検査結果の判定まで行うタイプの検査キットです。

自己検査キットは個人輸入の形をとっており、国内で販売サイトを運営している会社は単なる個人輸入の代行業者です。

だからユーザーサポートも十分ではありません。

何より輸入品は品質、安全性に問題があります。

私は実際に使ったことはありませんが、厚生労働省が関連サイトで輸入品のHIV検査キットについて注意を呼びかけています。

『HIV検査相談マップ』

国産品の品質の良いHIV検査キットが沢山ある中で、わざわざ輸入品の検査キットを使うメリットがあるでしょうか。

もしあるとすれば、それは検査結果がその場で分かること、値段が安いこと、この2点でしょうか。

しかし、HIV検査キットは信頼性が命であって、いくら安くても検査の信頼性、安全性が確保されていなければ使う値打ちはないと思います。

輸入品に関しては私が自分で使った経験はありませんが、ホームページを見ても何だか使う気になれない雰囲気が漂っています。

営業妨害になるといけないので、あえて会社名やURLは書きませんがくれぐれもご注意ください。

当サイト内で、「HIV自己検査キット」で検索してもらえば多数の関連記事が出てきます。

HIV検査キットの信頼性とは何か?

では、国産品のHIV検査キットの中から、どうやって信頼性の高い商品を選べばいいでしょうか。

その前に、HIV検査キットの信頼性とはそもそも何でしょうか?

普通に考えれば、HIV感染の有無を正確に判定出来ることですよね。特に本当はHIVに感染しているのに「陰性」と判定されることが最も怖い訳です。

当然、私たちはHIV検査キットにも保健所や病院並みの信頼性を要求します。

では、その信頼性はどこにあるのでしょうか?どこを見ればチェックできるのでしょうか?

あなたがどこかの会社にHIV検査キットを注文すると、数日後にあなたの自宅またはコンビニや郵便局受け取りで検査キットが送られてきます。

その送られてくる検査キット自体は大したツールではありません。

ランセットと呼ばれる小さな針が飛び出す専用器具と、血液を吸い取らせるろ紙があって、後は検査申し込み用紙が入っているだけです。(一部のメーカーは異なります)

私たちが保健所並みを期待する検査キットの信頼性はこのツールで差がつくことはありません。各社どこも同じようなものです。

では、HIV検査の信頼性はどこに存在するかと言えば、それは検査システム全体の信頼性です。

あなたの自宅に送られてくるツールではなく、検査システムそのものに信頼性がかかっています。

HIV検査キットの検査システムとは?

では、HIV検査キットの検査システムとはどんなイメージか、下の図をご覧ください。

HIV検査のシステム

図の中に番号を振っていますので、下記の説明と合わせてご覧ください。

①あなたが検査キット会社に注文した商品を発送する。

②あなたは商品を、あなたの自宅、コンビニ、郵便局の3つから選んで受け取ることが出来ます。

③あなたが自分で検体(血液)を採取してメーカーへ郵送する。

④あなたから郵送された検体はメーカー経由で登録衛生検査所に持ち込まれ、そこでHIV抗体検査が行われる。

⑤検査結果を検査キット会社が入力する。

⑥あなたがネット上の専用サイトに入力された検査結果を見る。

以上6つの工程がHIV検査キットによる検査システムです。多少は検査キット会社によって異なりますが、凡そのところは同じはずです。

さて、私が考えるHIV検査キットの信頼性で重要なのは、6つある工程のうち、赤字で表したです。

まず、のHIV抗体検査ですが、ここが最も重要な工程になります。

ただ、実際に検査を行うのは登録衛生検査所であり、ここは保健所や病院からの委託検査も行うくらい信頼性があります。

そして私が調べた限り、国内の検査キット会社全てが登録衛生検査所においてHIV抗体検査を行っています。

最も重要な工程であるがゆえに、ちゃんとした信頼性の高い検査機関を使っています。

次にの検査結果入力工程です。

なぜこの工程が信頼性において重要かと言えば、入力ミスが起こりうると思うからです。

例えばあなたの検査結果が他人と入れ替わってしまったり、検査結果を入力ミスしてしまったり。

あなたはまさかと思うかも知れませんが、実際に保健所ではこうしたミスが過去に起きています。人

間が何らかの形で介在する工程には100%完璧ということはあり得ません。それは検査キットでも同じことが言えると思います。

いかに検査結果が出るまでの信頼性が高くても、最後の最後でミスが起きてしまえば検査システムの信頼性はゼロに等しいものになってしまいます。

従って、私が考える検査キットの信頼性とは、あなたが送った検体が正しく検査され、正しく検査結果入力されることです。

どうやって信頼性の高いHIV検査キットを見つけるか?

では実際問題としてどうやって信頼性の高い検査キットを見つければいいのでしょうか。

私も自分が購入するときは真剣に考えました。そして検査キット会社のホームページを全部見て回りました。

すると私はあることに気が付きました。

それは、同じようなHIV検査キットを販売している会社でも、ホームページ上で以下のような点でかなりの差があるということです。

●HIV検査キットの信頼性、安全性をしっかり説明しているか?

●使い方をしっかり、分かりやすく説明しているか?

●HIVやエイズのこと、HIV検査のことについて情報提供が十分されているか?

●検査キットを使う私たちに対してサポート体制の説明が十分されているか?

●ホームページがユーザーの立場で使いやすく、見やすく、分かりやすくなっているか?

このような観点で各社のホームページを見ると、けっこう大きな差があります。

言う間でもなく、こうした観点で満足度の高いホームページというのは、ユーザー目線で作られています。

ユーザーが何を知りたいと思っているか、何を不安に思っているかをしっかり理解しているのです。

私はそんなユーザー目線を持った検査キット会社から購入したいと思いました。ユーザーのことを真剣に考えている会社こそ、信頼性も高いはずです。

あなたは本当にホームページからそんなことが分かるのか、疑問に思うかも知れませんね。しかし、結構分かるものです。

かつて私は自社のホームページ運営に関わる仕事をしていた時期があります。

そのとき、会社がどうユーザと向き合っているか、それは如実にホームページの作り方に現れることを実感しました。

「お客様第一」などと言いながら、本当は「自社・自部署優先」、「利益優先」だったりする会社がけっこうあるのです。

ホームページ上で「お客様第一」と会社の理念が書いてあるのに、めちゃくちゃ使いにくいホームページを平気で作る会社があるのです。

こんな会社はやっぱり信頼性が高い会社だとは思えません。

そうした観点からじっくり各社のホームページを見て回り、その結果私が信頼性が高いと感じた会社がSTD研究所です。

あなたも検査キットを買う、買わないは別にして一度STD研究所のホームページをのぞいて見てください。とにかく分かりやすく、使いやすく作られています。

それに情報量が半端なく多いです。私が見る限り、HIVを始めとする性感染症についての情報の量、質、共にナンバーワンだと言えます。

STD研究所のホームページを見ていると単に自社の検査キットを売るためだけの情報ではなく、感染不安を抱える人たちの悩み解決のための幅広い情報発信をしていることが分かります。

そこも信頼性アップの要因です。

これはあくまでも私の個人的な見解の元で評価した結果です。

私はこれまで全てSTD研究所から検査キットを購入してきました。私の思った通り、STD研究所のサービスは素晴らしく満足のいくものでした。

私はSTD研究所に何度か不明点や疑問点を問い合わせしましたが、毎回迅速丁寧な回答が返ってきて感激しました。

その対応からも信頼できると感じました。

また、私が調べたところ、日本で初めて性感染症の郵送検査をパッケージ化し、しかも匿名で検査可能なシステムを開発したのがSTD研究所(STDチェッカー)です。

そうした長年の実績、積み上げたノウハウが裏付けとなった信頼性があると思います。

以上、HIV検査キットを信頼性で選ぶ方法と、私なりの結論をお伝え致しました。

最後にもう一度要点をまとめておきます。

●HIV検査キットを選ぶ上で最も重要なのは信頼性である。

●HIV検査キットの信頼性は、検査キット単体のツールにあるのではなく、検査システム全体にある。

●検査システム全体の信頼性を確認するには、各社のホームページからユーザーに対してどんな姿勢でいるかを見る。

●私の評価結果では、STD研究所が最も信頼性が高いと思われる。実際に使ってみて評価通り間違いないと実感した。

あなたもしっかり信頼性をチェックしてからHIV検査キットを購入してください。

くれぐれも値段だけに目を奪われないようご注意ください。

アイコンボタンエイズ発症前のHIV検査は救命的検査となります。
フッターバナー6

「いきなりエイズ」の前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
 

タイプO

・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
気になる5項目をまとめて検査!
 

タイプE

・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気。

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから