当サイトで何度も取り上げている、外国製の自己検査キット。最近、ネットで目につくのは、

「外国製の方が日本製よりも進んでる。」

という記事です。

笑っちゃいますけど、知らない人が読んだら本当かと思いますね。

あなたは誤解しないようにして下さいね。

◇自分で判定するから進んでる?

外国製にも数種類のHIV検査キットがあるのですが、共通しているのはその場で判定できることです。

これは考えてみると当たり前です。外国から輸入して販売しているので、郵送検査は不可能です。

時間もコストもかかり過ぎるし、信頼性も確保できません。

確かに自己検査キットはその場で陰性か、陽性か判定が出来ます。

しかし、もう何度も繰り返し指摘しているように、その信頼性に問題があります。

決して日本製より性能が進んでいる訳ではありません。

「医療現場で使っている仕様をそのまま自宅で再現!」

こんなうたい文句で宣伝しています。だから日本製よりも進んでいるのだと言いたいのです。

確かに医療現場で使われているかも知れません。しかし、それはいったい、どんな医療現場なのでしょう?

それについては全く触れていません。

例えば医療環境が十分確保できていない途上国や、孤島、森林の奥地など、環境が悪い場所での医療現場なら分かります。

すぐにその場でHIV検査の結果が分かることは非常に有効です。

例え精度に問題があっても、検査しないよりはずっといいです。簡易検査キットとしての存在意義は十分分かります。

しかし、それをもって日本での有効性が、日本製のHIV検査キットよりも進んでると言うのはかなり無理があると想います。

外国製のHIV検査キットを売ろうとする、事実と異なるキャッチコピーに過ぎません。

◇もう一度考えよう!HIV検査キットで一番大切なこと!

あなたがHIV検査キットを使おうとするとき、何が一番重要か、それを今一度考えてみてください。

その場で検査結果が分かることですか?

検査キットの値段が安いことですか?

そうではないはずです。

あなたが抱えているHIV感染への不安を晴らすこと、これが最も大事なはずです。

その為に、陰性判定が出たら、限りなく100%安心できる検査の信頼性が必要なのです。

簡易検査のレベルでは安心できないはずです。

検査の仕組みから偽陽性が出るのは仕方ありません。その不便さと引き換えに、陰性判定の高精度が確保できるのです。

陽性判定のとき、確認検査を受けてみないと本当にHIVに感染しているかどうか分からない。

でも、陰性判定ならその時点でHIVに感染していないことが確定し、HIV感染不安からか解放される。

これがあなたの望むHIV検査のはずです。ちがいますか?

あなたがHIV検査キットを購入する目的、何が一番大事なことか、それをしっかり思い出して下さい。

その上でHIV検査キットを選んでください。

■関連記事:この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

『自己検査キットを検証する!』

『自己検査キットの信頼性』

アイコンボタンエイズ発症前のHIV検査は救命的検査となります。

フッターバナー6

「いきなりエイズ」の前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
 

タイプO

・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
気になる5項目をまとめて検査!
 

タイプE

・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気。

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから