私がお勧めしているSTDチェッカーは実はアマゾンでも売っています。

でも、お値段はSTD研究所で買うのと全く同じです。

ならばアマゾンよりSTD研究所から直に購入した方がメリットありだと思います。

 

◇アマゾンで買うメリットは?

通常、アマゾンでお買いものするメリットは2つです。1つは安く買える、もう1つはポイントがたまる。しかし、残念ながらSTDチェッカーについては両方ともメリットなしです。

STDチェッカーはアマゾンから購入してもSTD研究所から購入しても、どちらも同じ4,600円+消費税となっています。そしてポイント対象商品ではないので購入してもポイントはたまりません。

試しにSTDチェッカー以外の検査キットも見てみたのですが、特にアマゾンだから割引となっているものはないようです。中にはアマゾンの方が高い検査キットもありました。

そしてSTDチェッカーは楽天やYahooでは販売していません。アマゾンのみで取り扱っていますが、アマゾンよりSTD研究所直で購入した方がいいと思います。

それは、疑問点や何かあった時に対応を頼みやすいからです。アマゾン経由で購入した場合でもお願い出来るかも知れませんが、お金の流れで言えばSTD研究所から直で購入した方が頼みやすいのは間違いありません。

こんなふうに考えるとSTDチェッカーをアマゾンで購入するメリットはありません。

まぁ、しいて言えばあなたが日頃からアマゾンでお買い物をしていて、決済方法がいつもの通りで行える、と言うメリットはあるかも知れません。

 

◇変なお勧めセット

ついでの情報です。アマゾンでSTDチェッカーを見ていたら、「よく一緒に購入されている商品」として、こんなセットが載っていました。

●タイプJ(HIV検査)+●タイプN(クラミジア咽頭検査・淋菌咽頭検査)

この組み合わせです。

ふ~ん、これはちょっと不思議ですね。もしもこのセットを買うとしたら、オーラルセックスだけが不安で検査したいと言う人でしょうか。

しかし、オーラルセックスでは性器からのどへの感染と同時に、その逆、つまりのどから性器への感染も起こり得ます。クラミジア、淋菌の感染が不安なら咽頭検査のみ出来るタイプNだけでは安心出来ません。

 

●タイプP(クラミジア性器/咽頭感染・淋菌性器/咽頭感染)

これを購入するなら納得です。感染して放置したままだと一番怖いHIV、それに感染者が多いのに気付きにくいクラミジア、淋菌を同時に検査しようと思う人は多くいると思います。

実際のところ、STD研究所の公式サイトでもタイプJとタイプNの組み合わせは推奨していません。また売れ筋のセットにもありません。

私が思うにアマゾンでは中身が分かってないお勧めを載せています。やはり専門サイトでしっかり情報を仕入れてから購入するのが間違いないと思います。

もしも私があなたにHIVとの組み合わせでお勧めするとしたら、下のセットですね。あなたの優先順位はどうでしょうか。

「いきなりエイズ」の前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
 

タイプO

・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
気になる5項目をまとめて検査!
 

タイプE

・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気。

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから