今回はHIV検査キットの受け取り方について各検査キット販売会社を比較してみまた。

あなたはきっと、家族にも知られず内緒で受け取りたいはず。各社、どんな対応をしてくれるのでしょうか。

 

◇基本は誰にも内緒で受け取り可能

まず、検査キットの受け取り方、及び荷姿(梱包状態)を主要各社で比較してみましょう。

 

販売会社 荷姿(梱包) 受け取り方法
STD研究所 ・段ボール箱
(宅配便)

・封筒
(メール便)

・差出人名
㈱アルバコーポレーション

・品名
日用品
・宅配便
(佐川急便)

・メール便

・郵便局留め
GME医学検査研究所 ・封筒

・アルミパッケージ

・差出人名
㈱GME
男女個人名
(選択可能)


・品名
商品
・宅配便
(ヤマト運輸)

・センター止置き
(ヤマト運輸)

・郵便局留め
セルシーフィット ・段ボール箱

・差出人名
㈱ヒューマンサポート

・品名
化粧品/雑貨
・宅配便
(佐川急便)

・営業所留め
(佐川急便)

・郵便局留め
KENSA.BIZ
・詳細不明 ・宅配便
(ヤマト運輸)
ふじメディカル ・封筒

・差出人名
ふじメディカル
山田純
(選択可能)

・品名
日用品
・宅配便
(ヤマト運輸)

・センター止置き
(ヤマト運輸)

・郵便局留め
健康バスケット ・封筒

・差出人名
不明

・品名
健康食品
・宅配便
さくら検査研究所 ・詳細不明 ・宅配便

・郵便局留め

上の表は2016年10月11日付けで管理人が公式サイトから確認したものです。

ここに書かれた内容は販売会社の都合で変更になることがあります。あなたが注文するときは公式サイトで最新情報をご確認下さい。

また、表中に「詳細不明」とありますが、これは私が公式サイトを探した範囲では情報が見つからなかったものです。もしかしたら公式サイトのどこかには書かれているのかも知れません。

しかし、私も相当時間をかけて探したので、もしもどこかに詳細情報があったとしたら、それは極めてユーザーに不親切だと思います。

こうして主要7社の受け取り方法を見てみると、どこもそれなりに配慮してくれているのが分かります。

梱包は外から見ても中身が分からない、差出人もそれらしい名前になっている、受け取りも自宅以外で可能になっている、などが配慮されています。

私の場合は毎回STDチェッカーを利用しているのですが、自宅に届けてもらっています。特に怪しいところがないので家族に疑われることもありません。

もしも家族に、

「中身はなに?」

と聞かれたら、

「パソコンのクリーナー」

とか何とか、ごまかそうと思ってます。まだ一度も聞かれたことがありませんけどね。

以上、今回はHIV検査の受け取り方について、その梱包、荷姿、そして受け取る場所などを主要7社で比較してみました。

絶対家族には知られたくないあなた、事前確認してからご注文下さい。