各社のHIV検査キットの価格を調べてみました。価格が高い、安いだけで選ぶのがいいとは思いませんが、参考にはなると思います。

私はHIV検査キットを選ぶ基準で最も大事なことは信頼性と安全性だと思っています。

そしてそれなりの信頼性確保、安全性確保にはコストがかかることも分かっています。

なので私自身はHIV検査キットを選ぶとき価格は全く参考にしませんでした。高い、安いと言ってもせいぜい2000円程度の差です。

2000円で信頼性や安全性が買えるなら安いものだと思いました。

例えば品質に心配のない有名メーカーのパソコンやデジカメをネットで買うなら、絶対に安い方を買います。しかしHIV検査キットはそうはいきません。

あなたも価格の安さだけでHIV検査キットを選ばず、まずは信頼性で選んでください。あくまでも価格は参考程度です。

HIV検査キットの価格と支払方法

 

検査キット会社名・製品名 検査キットの価格(税込) 支払方法
STD研究所


STDチェッカー TypeJ

・4,600円+消費税 ・カード決済
・代金引換
kensa.biz

No30004
・3,900円(税込) ・カード決済
・コンビニ決済
・銀行振り込み
・代金引換
GME医学検査研究所

エイズ・HIV抗体検査
・4,730円(スダンダード)
・3,440円(ローコスト)
いずれも税込価格
・カード決済
・コンビニ決済
・銀行振り込み
・代金引換
デメカル

HIVセルフチェック
・5,000円~7,000円
販売店によって異なる
・販売店によって異なる
ふじメディカル

HIV検査
・3,300円(税込) ・カード決済
・代金引換
・銀行振り込み
・郵便局留め
セルシーフィット

性病検査キットHIV
・4,320円(税込) ・カード決済
・コンビニ決済
・銀行振り込み
・代金引換
健康バスケット

HIV検査 Y14
・5,323円(税込) ・カード決済
・コンビニ決済
・代金引換

私が調べた結果が上の表です。

最も安いもので、3,300円、最も高いもので、7,000円です。私が利用したHIV検査キットは、

STDチェッカー タイプJ(男女共用)

でした。

ちょうど中間くらいの価格設定でしょうか。

何度も書きますが、価格の安いものを優先的に選ぶのではなく、あくまでも信頼性と安全性で選んでください。

むろん、その結果が安いものであれば問題ありません。

なお、ここには載せませんでしたが、海外からの輸入品はかなり安いものがネット上で売られています。

輸入品は信頼性や安全性に問題がある場合もあるようなので、十分ご注意ください。(ハッキリ言って輸入品は避けた方が無難です)

以上、各社のHIV検査キットの価格を調べた結果をご紹介しました。

ただし、価格は予告なしに変更になる場合があります。あなたが購入されるときは各社の公式サイトで価格をあなたご自身で確認ください。

アイコンボタンエイズ発症前のHIV検査は救命的検査となります。

フッターバナー6

「いきなりエイズ」の前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
 

タイプO

・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
気になる5項目をまとめて検査!
 

タイプE

・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気。

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから