今回はGME医学検査研究所のHIV検査キットのすごいサービスをご紹介したいと思います。

その気になればどこの会社でもやれること、でもどこもやっていないGME医学検査研究所だけがやっているサービスとは?

◇誰にも知られず商品を受け取りたい

もしもあなたが家族と同居生活をしている場合、HIV検査キットを注文したことを知れたくないですよね。家族じゃない同居人がいる場合も同様です。

出来るものならコッソリと誰にも気づかれずにHIV検査キットを使いたい、そう思うのは自然だし当然です。

そこで、HIV検査キット販売各社では中身がHIV検査キットだと分からない荷姿、梱包で商品を送って来ます。あるいは自宅以外の郵便局で受け取りも可能なサービスもやっています。

GME医学検査研究所でもそうしたサービスは当然やっているのですが、今回ご紹介したいのはそこではありません。このくらいはどこの検査キット会社でもやっているので、「ものすごいサービス」とは言えません。

私が「ものすごいサービス」だと思ったのは・・・・荷姿に関する情報の出し方、伝え方です。これも立派なサービスの一環であり、他社を圧倒しています。

 

◇こんな荷姿です・・・分かりやすい!!

中身が分からない荷姿で送ってくれるのは当たり前、どこの検査キット会社でもやっています。でも、それじゃいったいどんな荷姿なのか、具体的に示している会社はそう多くありません。

文章で、「中身が分からないように送ります」と書いてあったり、「黒いビニール袋に入れてそれを無地の封筒に入れて送ります。」と書いてあるのがせいぜいです。

注文する方もそんな説明文を読んで、何となく家族にはばれないように送ってくれるんだなぁと思う程度です。

ところが、GME医学検査研究所はちょっと他社とは違います。

どんな荷姿なのか、写真ですごく親切丁寧に説明してあります。これだけ事前に説明されると安心して注文することが出来ます。

ではその一部をちょっとお目にかけましょう。

まずは梱包の荷姿です。

●GME医学検査研究所のHIV検査キット 荷姿



図1.荷姿

こんな感じの荷姿です。大きさも数字が入っていて分かりやすいです。そして確かに無地の紙パックに入っているのですが、問題は伝票です。伝票から中身がばれてしまうことはないでしょうか。

そこでGME医学検査研究所では、どんな伝票を使うのか、送付方法ごとに全部伝票を写真で説明しています。

送付方法は以下の6通りがあります。

①宅急便で差出人を会社名にする。

②宅急便で差出人を個人名にする。

③ネコポスで差出人を会社名にする。

④ネコポスで差出人を個人名にする。

⑤郵便局留めで差出人を会社名にする。

⑥郵便局留めで差出人を個人名にする。

この6通りです。

つまり、送付方法として宅急便・ネコポス・郵便局留めの3通りがあり、差出人として会社名と個人名の2通りがある訳です。この組み合わせて通りから選べます。

ではちょっと実際の伝票がどんな感じになるのか、写真を見て見ましょう。

 ①宅急便で差出人を会社名にする。




図2.伝票①

差出人が「株式会社GME」と入っています。これだけなら中身はばれないでしょう。品名は単に「商品」とだけ入っています。もしも家族の誰か見つかって聞かれたら、あなたが一番答えやすい商品にすればいいのです。

あなたがアニメファンなら人気アニメグッズだと言えばいいし、パソコンが趣味なら付属品だと言えばいいですね。何とでも言えます。

でも、「株式会社GME」という会社名がどうも気になる、というあなた。ご安心下さい、個人名で発送してもらうことも可能です。

差出人の名前を、

●小和田幸男

●小和田幾野

のどちらかで選ぶことが出来ます。男名と女名と言うことでしょうね。まぁ、それにしては幾野って微妙ですね。もっと分かりやすい女名にすればいいのにと思いますけど。

 ②宅急便で差出人を個人名にする。(小和田幸男の場合)




図3.伝票②

同様に、郵便局留めの場合の伝票もご覧下さい。

⑤郵便局留めで差出人を会社名にする。




図4.伝票⑤

⑥郵便局留めで差出人を個人名にする。(小和田幸男の場合)




図5.伝票⑥

いやもう、事前情報としては完璧ですね。ここまで細かく親切に説明してもらえれば言うことありません。安心して注文することが出来ます。

最初に書いた通り、GME医学検査研究所がやってるこの説明、別にお金ががかかる訳じゃありません。ちょっとユーザ目線で考えれば思いつくサービスだと思います。

だけどGME医学検査研究所以外でここまで丁寧に説明している会社はどこにもありません。だから私は「ものすごいサービス」だと思うのです。

 

確かにHIV検査キットの最大の使命は正確なHIV検査です。これ以上の使命はありません。荷姿や伝票は二の次でしょう。しかし、現実問題として家族には絶対に知られたくないと思う人もいます。

そうした人が安心して注文できるよう、ここまで情報を提供するGME医学検査研究所のサービス精神は素晴らしいです。注文する前からしっかり確認できます。

荷姿や伝票に不安を感じるあなたには嬉しいサービスですね。

なお、『HIV検査キットの受け取り方は? 』この記事も参考にして下さい。

 

今回はGME医学検査研究所の検査キット発送に際しての荷姿、伝票の説明がすごく分かりやすくて親切だというお話でした。

実際の荷姿、伝票に大差なくても事前情報の出し方で随分差がつくものです。イメージアップします。

■GME医学検査研究所

■HIV抗体検査
・HIV検査専用 ¥4,730(税込)