もう、散々書いてきていい加減飽き飽きなのですが、性懲りもなくHIV自己検査キットのあら探しです。

ひどいやつを見つけちゃいました。

あなたがHIV検査キット選びで失敗しないよう、この記事をご利用下さい。

 

◇矛盾する2つの記事

具体的な商品名は伏せますが、ネットで大々的に販売しているHIV自己検査キットです。

血液を自分で採血して、薬品を垂らして自分で判定するタイプの検査キットです。

このHIV自己検査キットを販売しているサイトでは、トップページの一番目立つ場所に、こんな記事を載せています。

『医療機関でも使用されている為、安全性と正確さは信頼出来ます。』

いいですか、これ、一番目立つ場所ですよ。

そのサイトを訪れた人なら誰でも目にする場所です。

そこにそう書いてあるのです。

ところがです・・・

今度はすごく目につきにくい場所に、すごく小さな文字でこんなことが書いてありました。

■免責事項

『検査や検査キットには間違いも起こり得るため医療検査認定施設での受診をお薦めします。』

おいおい、話違うじゃないか・・・!

間違いも起こり得るって・・・。安全性も信頼性も大丈夫じゃなかったのか?

でも免責事項にはしっかり、検査がそんなに信頼性の高いものではないと注意書きしています。

仮に検査結果が誤判定でもクレームにならないよう配慮しているものと思われます。

しかし、購入を検討するユーザーの立場からすると、明らかにこの2つの記事の表示は問題ありです。

一番大事な免責内容をもっと目につく場所に表示してもらいたいですよね。

というか、そもそも売り込み記事と免責記事が矛盾しています。どっちが本当ですか?と聞きたくなります。

 

◇利用者の声

そして、このHIV自己検査キットの販売サイトにはこのキットを利用したユーザーの声がいくつも紹介されています。

「検査結果が陰性でほっとしました。これで安心出来ます。」

みたいなことが書かれています。

他人事ながら、心配になってきます。本当に安心していいのですか?

間違いもあるとハッキリ書いてる検査キットですよ!

あなたの検査結果が間違いではないと保証してくれないのですよ!

むろん、国内の郵送式HIV検査キットでも100%絶対に誤判定がないかと言えば、そうは言いきれないでしょう。

それは保健所でも病院でも同じです。

しかし、100%絶対ではないと言っても、「陰性」判定については限りなく安心しても大丈夫な信頼性を確保してあります。

「陽性」判定は偽陽性の可能性が数パーセント存在しますが、それは検査感度を高めているためであり、「陰性」判定を保証するためです。

そして一番大事なのは「陰性」判定の信頼性です。

もし、本当はHIVに感染しているのに「陰性」判定してしまうとやがて「いきなりエイズ」を発症することになります。

これは最悪のシナリオです。これだけは絶対に避けなければなりません。

その点、偽陽性は再検査、確認検査で間違いが判明します。だからまだ救われます。

陰性判定に安心しました、という利用者の声を読んでいると、

「あなた、免責事項を読みましたか?」

と言いたくなります。

検査キット利用は自己責任、私の心配など大きなお世話でしょうけど。

関連記事4

自己検査キットを検証する 

自己検査キットの信頼性

アイコンボタンエイズ発症前のHIV検査は救命的検査となります。

フッターバナー6

いきなりエイズ発症前にHIV検査!
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
 

タイプO

・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
気になる5項目をまとめて検査!
 

タイプE

・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気。

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから