またしてもHIV自己検査キットの話です。

書くのもいい加減、うんざりなのですが、どうしても書かずにはおられません。

なぜなら、間違った記事を読んで、信じる人がいるかも知れないからです。

 

◇注文してから検査結果が分るまで

自己検査キットの最大のセールスポイントが、

『検査結果がその場でスグ分かります!』

と言うものです。

それは確かにその通りなのですが、そこだけ強調してるのが気になります。

言うまでもなく、自己検査キットは全て海外からの個人輸入という形で購入します。

ではあなたが今日注文して、あなたの手元に検査キットが届くまで、どのくらい時間がかかるでしょう?

私が複数の販売サイトを調べたところ、ほとんどの自己検査キット販売会社では、1週間~2週間としています。

こんなに待たなくては手元に届きません。

「検査結果がその場ですぐ分かります!」

とは目立つ場所に宣伝していますが、

「お手元に着くまで2週間かかります。」

こちらは目立たないところに、ひっそり書かれています。

商品が到着するまでどの位かかるか、利用者へ表示するのは「特定商取引法による表示」で義務付けられています。

消費者庁のホームページには、こう書かれています。

『商品の引渡時期については、期間または期限を表示することが必要です。とくに前払式の通信販売の場合には、申し込んでいつ商品が引渡されるかわからないと購入者の地位が不安定になるので、明確に表示しなければなりません。』(消費者庁のホームページ)

つまり、申し込んでから、手元に届くまでの期間を示すことが義務付けらえているのです。

しかし、実際にある自己検査キットの販売サイトを見ると、

「発送後5日~14日を目安にして下さい」

と書かれています。

あくまで目安です。えらい幅のある目安ですね。

しかも、これではいつ発送するのかが書かれていないので、注文してから手元に着くまでの期間が分かりません。

その上、

「商品の在庫や土日祝日、税関の混雑具合によって遅れが生じる場合がございます。」

ということだそうです。

まぁ、これが実態だから正直に書いてるだけ誠意は見えますね。何も書いてなければいつまで経っても到着しないと不安になります。

このように、自己検査キットは海外からの個人輸入なので、注文してから手元に到着するまで日数がかかります。

国内の宅配便と違って、正確な配送日も分かりません。

確かに検査結果はすぐに分かりますが、あなたがHIV検査を思い立ってから検査結果が分るまでの時間で言えば、決して早くはないのです。

 

◇とにかく「自宅で検査結果が分ります」の一点張り

まぁ、いつも書いてる通り、自己検査キットの販売サイトではとにかく、

「自宅ですぐに検査結果が分ります」

の一点張り状態です。

それが最大の特徴、売りだから当然でしょうけどね。

しかし、どう考えてもHIV検査キットとしては検査の信頼性が最大の優先要素です。

いくら検査結果がその場ですぐ分かっても、信頼性の低い検査結果なら意味がありません。

自己検査キットの信頼性については度々問題点を指摘してきた通りです。

「医療機関でも使用されているため、安全性と正確さは信頼できます」

なんてサイトに書かれていますが、いったいどこの医療機関なんでしょう?

私が知る限り、日本の医療機関じゃないですね。

どこの医療機関とも示さずに安心して使って下さいと言われても、それはちょっと難しい気がします。

関連記事4

自己検査キットの信頼性

HIV自己検査キットの注意強める厚生労働省

アイコンボタンHIVは保健所や病院に行かなくても自宅で検査が出来ます。

フッターバナー6

いきなりエイズ発症前にHIV検査!
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
 

タイプO

・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
気になる5項目をまとめて検査!
 

タイプE

・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気。

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから