HIV検査キットを使った場合の、検査結果の受け取り方法は検査キット会社でそれぞれ異なります。

検査結果の受け取り方法はけっこう重要です。これは検査キットの匿名性にかかわる問題です。誰にも知られずHIV検査を受けたつもりが、自宅に郵便で検査結果が届き、不審に思った家族に開封されてしまった・・・なんてことになったら困ります。

私が検査キット各社のホームページから検査結果の受け取り方法を調べてまとめてみました。あなたの検査キット選びの参考にしてください。

なお、検査の匿名性という観点から、検査キットの受け取り方法も合わせてご紹介しておきます。

HIV検査キットの受け取り方法と検査結果の受け取り方法

検査キット会社名 検査キットの受け取り方法 検査結果の受け取り方法
STD研究所 ・宅配便(佐川急便)
・・翌日着
・・
・メール便(ヤマト運輸)
・・3日~4日
・・
・コンビニ受け取り
・・4日~5日
・・
・郵便局受け取り
・・1日~3日
・web上で受け取る

・郵送で受け取る(希望者)
kensa.biz ・宅急便(ヤマト運輸)
・・3日~5日
・web上で受け取る
GME医学検査研究所 ・宅急便(ヤマト運輸)
・・
・メール便(ヤマト運輸)
・・
・・注文から1日~2日後
・web上で受け取る

・電話で受け取る

・郵送で受け取る
デメカル ・郵送 ・郵送で受け取る

・メールで受け取る
ふじメディカル ・宅急便(ヤマト運輸) ・メールで受け取る

・電話で受け取る

・郵送で受け取る
セルシーフィット ・自宅受け取り(佐川急便)
・・
・佐川急便営業所受け取り
・・
・コンビニ受け取り
・・
・郵便局受け取り
・web上で受け取る

・郵送で受け取る
健康バスケット ・佐川急便
・・1週間以内
・メールで受け取る

私が調べた結果が上の表です。

もしもあなたが匿名検査を望むなら、検査結果をweb上で受け取れる方法が可能なHIV検査キットを購入してください。

web上で受け取る方法は、完全な匿名になります。あなたが自分で決めたIDやパスワードで管理された専用ページがweb上に用意されます。

検査キット会社はIDとパスワードで管理された検査結果をその専用ページに入力します。このとき、検査キット会社もそのIDとパスワードがあなたが決めたものであることを知りません。

つまり、個人情報抜きでIDとパスワードのみで管理されているのです。このシステムなら、あなたの検査結果を知っているのは世界中であなただけということになります。

web上以外の方法で検査結果を受け取ろうとすると、匿名検査になりません。特に郵送は誰かに見られる可能性が高いですね。

最後に直接関係ないお話をひとつ。

今回、改めて検査結果の受け取り方法を各社調べてみました。結果は上の表の通りなのですが、けっこう調べるのに時間がかかりました。

なぜなら、検査キット会社によっては検査結果の受け取り方法についての説明が分かりにくかったからです。

まず、どこに書かれてあるのか分かりにくい。やっと書いてるページを見つけても、今度は説明が分かりにくい。

例えば、こんな感じです。

『検体到着後2日で検査結果をお知らせします』

と書かれてあるのですが、肝心の連絡方法が書かれてありません。web上で見れるのか、メールなのか、分からないのです。また別のページをあれこれ探すハメになりました。

各社ともに、注文方法や代金の支払い方法はものすごく力を入れて説明しているくせに、検査結果の受け取り方みたいなユーザーが知りたいことはあまり親切ではありません。

むろん、代金の支払い方法も大事なことですが、もっとユーザー目線のホームページ運営をして欲しいと思います。

その点でも私が選んだSTD研究所はとてもホームページが分かりやすいです。あなたも一度のぞいて見てください。

アイコンボタンエイズ発症前のHIV検査は救命的検査となります。

フッターバナー6

「いきなりエイズ」の前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
 

タイプO

・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
気になる5項目をまとめて検査!
 

タイプE

・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気。

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから