私が探した中で最も価格の安いHIV検査キットをご紹介しましょう。

ただし、値段が安いものをご紹介する、と言うだけで決してご利用をお奨めする、というものではありません。

では、何のためにわざわざあなたに紹介するのか?それは記事を最後までお読み頂けばお分かりになります。

◇これが一番安いHIV検査キット

私が探した中で最も安いHIV検査キットはこれです。海外からの輸入品になります。

■(Boson Biotech)HIV/AIDSセルフ検査キット

¥1,593円(為替レートによって変わります)

Boson Biotech

・製造元 BosonBiotech co.,ltd(中国にある会社みたいです)

・個人輸入代行業者 オオサカ堂

・検査結果の判定まで自分で行う自己検査キットです。

どうですか?安いでしょう?1セットが何と1,541円なのです。これ、送料と輸入代行料金が含まれています。しかも、購入個数が増えるともっと安くなります。

例えばまとめて6セット購入すると、1セット当たりの価格は何と849円まで安くなります。

一方、私が自分でも何回か使用し、あなたにもオススメしている国産のHIV検査キットはこれです。

■STDチェッカー タイプJ(男女共用)
¥4,600+消費税

STDチェッカー

・製造/販売元 STD研究所

・郵送式の検査キットで判定は登録衛生検査所で行います。

STD研究所のHIV検査キットは1セットが4,600円(税別)します。先ほどの輸入品と比べると3倍の値段になります。

さて、値段だけで選ぶなら、絶対に輸入品のHIV検査キットが有利です。何と言っても一番安いHIV検査キットなのです。

ただし、以下の事実をしっかり認識されて下さい。その上で、まだ価格メリットを理由に購入されるとすれば、それはあなたの自己責任でありご自由です。

なお、STDチェッカーの安全性・信頼性についてはこちらをどうぞ。

『STDチェッカーは安心・安全か?』

 

◇一番安いHIV検査キットを購入する前に

まず、製品の販売サイトに書かれている注意書きからご紹介します。

●『このキットは簡易式につき、結果は目安とお考え下さい。精密なエイズ検査は、医療機関で受診して下さい。 』

私ならこの注意書きを見ただけで購入はあり得ません。目安にしかならないHIV検査なんて意味がないからです。結局陰性判定になっても安心出来ず、しかるべきHIV検査を再度受けるハメになります。

いくら値段が安くても陰性判定で安心出来ないHIV検査は役に立ちません。

 

●『商品情報についてはお答えしかねます。お客様ご自身で直接メーカーへお問い合わせ下さい。』

結局、ネットの販売サイトを運営しているのは個人輸入の代行業者であり、仲介しているだけで商品に関しては素通りなのです。

でもHIV検査キットを使うにあたり、疑問点や質問が出てくることもあります。親切丁寧なユーザーサポートは欲しいですよね。

まぁ、他にも色々「これは・・・」と思うことが書かれています。でも、この業者は正直です。事前に細かく条件を書いています。

もしもこの輸入品のHIV検査キットを購入するなら、全てを事前承知の上、自己責任で購入することになります。

後で話が違う、聞いてない、知らなかった、と言うトラブルを避けるにはしっかり利用規約を読む必要があります。

さて、今回は一番値段が安いHIV検査キットをご紹介しました。あなたがコストメリットを感じて購入しようとするなら、必ず製品仕様、利用規約をしっかり確認してからにして下さい。

それは決して後悔しないためです。この記事はあなたが後悔するのを少しでも防ぐことが出来ればと作りました。

検査結果が目安にしかならず、陰性判定でも安心出来ない検査キット、あなたは使いますか?

アイコンボタンエイズ発症前のHIV検査は救命的検査となります。
フッターバナー6

「いきなりエイズ」の前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
 

タイプO

・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
気になる5項目をまとめて検査!
 

タイプE

・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気。

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから