「郵送式のHIV検査キットは保健所や病院のHIV検査と同等の信頼性があります。」

これは当サイトでも説明しているし、多くの検査キット販売サイトでもはっきりそう宣言しています。

私が調べた限りでも同等の信頼性と言えるのですが、ただし条件付きです。その条件を外すと同等の信頼性とは言えません。

今回はHIV検査キットと保健所のHIV検査の違いを説明したいと思います。

 

◇HIV検査の検査方法が違う!

実は郵送式のHIV検査と保健所や病院でのHIV検査は、その検査方法が違います。

●HIV検査キット ⇒ HIV抗体検査

●保健所HIV検査 ⇒ HIV抗原・抗体検査

私が調べた範囲では、多くの郵送式HIV検査キットは「HIV抗体検査」です。あなたの血液を検体として、血液中にHIV抗体が存在するかどうかを調べる検査です。

HIV抗体の生成は個人差があるため、安全な余裕を見込んで感染の可能性があった日から3ヶ月後に検査可能としています。

一方、保健所や病院ではHIV抗原・抗体検査を行っており、HIV抗体の他にHIV抗原も検査しています。いわゆる第四世代のHIV検査と呼ばれているものです。

HIV抗原はp24と言うHIVのたんぱく質の一部を調べるものです。p24はHIV抗体よりも早期に体内に出現するため、HIV感染から1ヶ月後に検査可能と言われています。

ただしHIV抗原検査はHIV-1しか検査できず、HIV-2については抗体検査のみとなります。そのため抗原検査は単独で行われることはなく、必ず抗体検査とセットで使われます。

 

◇HIV検査キットと保健所HIV検査の違い

では、HIV検査キットと保健所HIV検査では何が違うのでしょうか。先ほど説明したように、検査方法が違いますね。

そのために、HIV感染の可能性があった日から、検査可能になるまでの期間が異なります。

●HIV検査キット ⇒ 感染の可能性があった日から3ヶ月後

●保健所HIV検査 ⇒ 感染の可能性があった日から2ヶ月後

このように1ヶ月の差があります。

従って、もしもあなたがHIV感染の可能性があった日から2ヶ月後にHIV検査を受けたとすると、それが郵送式の検査キットなら正確な検査とは言えません。3ヶ月後に再検査が必須となります。

一方、保健所では2ヶ月後で正確な検査が可能となります。ただし、すべての保健所がそうだとは言えません。先ほども説明したように、第四世代と呼ばれるHIV抗原・抗体検査を行っている保健所に限った話です。

保健所の中にはまだ第三世代のHIV抗体検査を行っているところもあって、そこでは郵送式のHIV検査と同様感染の可能性があった日から3ヶ月後に検査を受けなくては正確な検査が出来ません。

以上のことから、郵送式のHIV検査キットと保健所のHIV検査の違いは次のように言えます。

『HIV抗原・抗体検査を行っている保健所では感染の可能性があった日から2ヶ月後に正確な検査が可能だが、郵送式のHIV検査キットでは3ヶ月後に正確な検査が可能になる。』

 

◇第四世代のHIV検査を行っている保健所の見つけ方

あなたの利用する保健所のHIV検査が第三世代か第四世代か、これは保健所に電話するか、ホームページでウインドーピリオドを確認すればわかります。

つまり、検査のタイミングとしてHIVに感染した可能性のある日から2ヶ月以上経過して検査を受けて下さいと案内があれば抗原・抗体検査です。

HIV抗体検査のみ行っている保健所なら3ヶ月以上経過してから検査を受けて下さいと案内が出ているはずです。

ただし、抗原・抗体検査を行っている保健所の全てが2ヶ月以上経過としているかどうか、それは分かりません。

ちょっとややこしくて分かりにくいですが、「2ヶ月以上」と案内があればHIV抗原・抗体検査で間違いありません。しかし、だからと言って全てのHIV抗原・抗体検査が「2ヶ月以上」と案内しているとは限りません。

つまり、中にはHIV抗原・抗体検査なのに「3ヶ月以上」としている保健所があるかも知れません。なぜなら、HIV抗原検査ではHIV-1しか検査できず、HIV-2を検査しようとすれば抗体検査となって3ヶ月以上経過している必要があるからです。

ただ、私がエイズ予防情報ネットの電話相談で聞いた話では、HIV-2の感染例は国内で数件しかないので「2ヶ月以上」としている保健所があるそうです。

だから厳密に100%安心したければHIV抗原・抗体検査でも3ヶ月後に検査を受けるべきなのです。

今回は長々と説明してきましたが、要するに郵送式のHIV検査キットは、

「感染の可能性があった日から3ヶ月以上経過して使用すれば保健所や病院と同等の信頼性と言える。」

これが結論です。

もしもあなたが3ヶ月も待てない、2ヶ月目で正確な検査を受けたいと思うなら前に説明したように「2ヶ月以上経過」でOKと案内している保健所か病院を探して下さい。

アイコンボタンエイズ発症前のHIV検査は救命的検査となります。

フッターバナー6

「いきなりエイズ」の前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
 

タイプO

・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
気になる5項目をまとめて検査!
 

タイプE

・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気。

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから