ネットの相談サイトを見ていると、

「危険行為から〇〇日しか経ってないのですが、保健所のHIV検査はどのくらい信頼性があるでしょうか?」

「危険行為から〇〇日でNAT検査を受けて陰性判定でした。これでもう安心してもいいでしょうか?」

こんな相談が相変わらずたくさん書き込まれています。

当サイトでも過去に、

『HIV検査はいつ受ける? 』

『検査時期と信頼性の相関は?』

このような記事を掲載してきました。今回、こうした過去の記事をもっと分かりやすく、パッと見てすぐ分かるようにまとめ直してみました。

 

◇2週間・1ヶ月・2ヶ月・3ヶ月

まず、下図をご覧頂きましょう。過去の記事をまとめて図にしたものです。

HIV検査のタイミング

HIV検査といっても色んな種類があります。しかし、私やあなたがHIV感染の不安を感じたときに保健所や病院で受けるHIV検査としては、

●NAT検査(核酸増幅検査):国内で数か所の限られた病院など

●第四世代のHIV検査(抗原抗体検査):保健所や多くの病院など

●第三世代のHIV検査(抗体検査):一部の保健所、病院、郵送式の検査キットなど

この3種類が一般的だと思います。

そしてこの図の中に出てくる4つのタイミングがそれぞれのHIV検査の信頼性にとって目安となるものです。それが危険行為から2週間、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月と言うタイミングです。

では順番に説明していきましょう。

 

■2週間後

NAT検査が可能です。一般にHIV感染から11日目に検査可能と言われています。2週間後であれば信頼性は十分だと言えます。

ただし、NAT検査はHIV-1しか検査出来ず、HIV-2の感染が検査出来ません。必ず3ヶ月後にHIV抗体検査を受け直す必要があります。

また、NAT検査は一部の医療機関しか受けることが出来ず、あなたの近くに検査可能な病院があるかどうか、それも問題です。

とにかく、ウインドーピリオドが最短でHIV検査可能なのはこのNAT検査です。

HIV検査のタイミング

 

■1ヶ月後

第四世代の抗原抗体検査において、抗原の検査が可能となる時期です。抗体についてはかなり確度は高いですが、しかし100%とは言えません。

そして抗原検査ではHIV-1しか検査出来ず、HIV-2の感染が検査出来ません。従って3ヶ月後にHIV抗体検査を受け直す必要があります。

実際問題として日本国内ではHIV-2の感染例は数件しかないので、1ヶ月後の抗原抗体検査で陰性になればかなり安心出来ます。

 

■2ヶ月後

第四世代のHIV検査において、感染の可能性があった日から2ヶ月経過していればHIV抗体の検査も正確に可能とする病院、保健所があります。

つまり、検査結果が陰性であればあなたはHIVに感染していないことが確定すると言うことです。むろん、HIV-2も含めての話です。

ただし、ややこしいのは同じ第四世代のHIV検査でも、保健所や病院によっては3ヶ月経過して受けるように案内しているところが非常に多く存在することです。

私が調べた限りでは3ヶ月設定の保健所、病院の方が多いです。これはHIV抗体産生までの個人差リスクに対してどのくらい安全率を見るかと言う差だと思います。早くHIV抗体が出来る人、遅く出来る人、ばらつきがあるためです。

2ヶ月後でもほぼ大丈夫、3ヶ月後なら完璧、そんな感じでしょうか。

HIV検査のタイミング

 

■3ヶ月後

危険行為があった日から3ヶ月経過していればどの検査でも信頼性は大丈夫です。あなたが陰性判定を受ければもう安心していいです。

かつて第三世代のHIV検査では3ヶ月経過して検査を受けて下さいと案内していました。現在、この第三世代のHIV検査を行っている保健所、病院は限りなく少ないと思います。

ただし、郵送式のHIV検査キットではHIV抗体のみ検査しており、分類上は第三世代と言えます。従って危険行為から3ヶ月経ってから検査して下さい。

HIV検査キットを1ヶ月目、2ヶ月目で使用する人も多くいますが、それは1つの目安として安心材料にはなると思いますが、必ず3ヶ月後に再検査を行うことが必須条件です。ご注意下さい。

 

◇まとめ

HIV検査を受けようとする人の多くは、感染の可能性があった日から3ヶ月が経過していれば検査の信頼性は問題ないと知っています。

しかし、HIV感染不安からどうしても3ヶ月待てず、もっと早く自分が感染しているのか、していないのか知りたい、そう思うい人もまた多くいます。

それゆえ、今回ご案内したように3ヶ月になる前に受けるHIV検査の信頼性が気になるのです。仮に陰性判定をもらっても、どの程度安心していいのか、検査結果を信用していいのか、そこを悩むのです。

何しろHIV抗体にしろ抗原にしろ、必ず個人差があります。あなたが検査結果に本当に安心しようと思えばやはり3ヶ月経ってからのHIV検査をお奨めします。

第四世代のHIV検査は2ヶ月でも大丈夫と言う指摘は多数見てきましたが、その一方で未だに医療関係者の多くが3ヶ月経ってからと指摘しています。

どちらの指摘が正しいのか、医療に素人の私には分かりません。だから3ヶ月なら大丈夫としか言いようがありません。

全国の保健所、病院で2ヶ月に統一される日が来ればハッキリしますけど・・・。

以上、今回の記事はあなたがHIV検査を受けるとき、いつ検査を受ければいいか考える時の参考にして頂ければと思います。

アイコンボタンエイズ発症前のHIV検査は救命的検査となります。

フッターバナー6

「いきなりエイズ」の前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
 

タイプO

・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
気になる5項目をまとめて検査!
 

タイプE

・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気。

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから