HIV感染の不安を持った人たちが、ネットの相談サイトでHIV検査キットの信頼性を相談しています。

そして、そこに書き込まれた回答は意外なものでした・・・。

◇最近多い相談は・・・

しばらくネットの相談サイトって見ていませんでした。今日、久しぶりに覗いてみてびっくりです。

HIV自己検査キットの信頼性を質問、相談する書き込みが多数見つかりました。

当サイトではくどいほど書いてきましたが、自己検査キットは信頼性、安全性に問題があるのでお奨め出来ません。

使うなら国産の郵送式検査キットをお奨めします。

郵送式のHIV検査キットでは、保健所や病院からも検査委託している登録衛生検査所で検査するので信頼性の高い検査が可能です。

一方、自己検査キットは全て海外からの個人輸入で手に入れることになります。

製品そのものに問題があったり、自分で検査結果の判定まで行うので使い方、作業内容が複雑です。

そんな自己検査キットですが、近年ネットの販売サイトが確実に増えています。

実際にどのくらい購入する人がいるのか分かりませんが、こうしてネットの相談サイトに書き込みする人が増えているくらいですから、買う人も増えているのでしょう。

 

◇意外な回答

しかし、自己検査キットの相談が増えていることだけが意外だったのではありません。もう一つ意外に思ったのはその相談に対する回答も意外でした。

「自己検査キットは信頼性がない。使うなら信頼性の高い郵送式検査キットを。」

こんな回答がものすごく多かったのです。回答した人たちには大変失礼ですが、「お~!まともな回答じゃん!」と意外でした。

どうもネットの相談サイトで見かける回答っていい加減なものが多いってイメージなんですね。

だから多くの的を得た回答に意外だなぁと思ったのです。その通りだと思います。

そして、郵送式のHIV検査キットについても信頼性を問う質問がいくつか見られました。

信頼出来ると回答したものが多かったのですが、中には全く信用出来ないと回答したものもありました。

しかし、私が見る限り、「郵送式HIV検査キットは信用出来ない」と回答を書いた人は、まず例外なくなぜ信用出来ないのか、その根拠を示していません。

そもそも郵送式の検査キットを使ったこともなければ詳しく調べたこともない、単なるその人の思い込みだけで信頼出来ないと書いている気がします。

反対に信頼出来ると回答している人の多くはなぜ信頼出来るのか、その根拠を示しています。

ドライスポット方式の実績や運用、更には登録衛生検査所の説明などを書いています。いや、御立派と思いました。

早い話、自己検査キット、郵送式HIV検査キット、どちらも信頼性や問題点を知りたい人は当サイトを見て下さいと声を大にして言いたいです。

あなたのお友達、知人にそんな人がいたら、ぜひ当サイトをご紹介下さい。

アイコンボタンエイズ発症前のHIV検査は救命的検査となります。

フッターバナー6

「いきなりエイズ」の前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
 

タイプO

・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
気になる5項目をまとめて検査!
 

タイプE

・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気。

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから