保健所にしろ病院にしろ、HIV検査は対面検査です。問診やアンケート調査が入ります。

こうした対面検査が嫌で保健所や病院には行かず、自宅でHIV検査キットを使う人が大勢います。あなたはどうですか?

◇保健所でのHIV検査は対面検査

かつて私も保健所でHIV検査を受けたことがあります。保健所では無料でしかも匿名でHIV検査を受けることが出来ます。

でも私は正直、それまで保健所には行ったことがありませんでした。初めて保健所に行ったのです。

それだけでも緊張するのに、保健所の職員との対面検査はいっそう緊張しました。いや、単に緊張だけではありませんでした。気まずさ、恥ずかしさ、世間体の悪さみたいなものを感じていました。

むろん、そんなことを感じる必要はないと分かっています。でも、どうしてもそう感じてしまうのです。

その感情は私だけではありません。私の友人、知人にも何人か同じように感じている者がいます。若い人より私たちのような中高年世代により気まずさがあると思います。

ところで、私が利用したHIV検査キットはSTD研究所のキットですが、このSTD研究所のホームページにはものすごい数の利用者の声が掲載されています。

しかも他社の利用者の声とは違い、頻繁に最新版に更新されています。今現在、利用者がどんな感想を持っているのかとてもよく分かります。

■STDチェッカー利用者の声

ここを読むと、私と同じように保健所の対面検査がどうしても苦手、世間体が気になって自宅で検査キットを使ったという人が何人も登場します。

私が保健所でHIV検査を受けたときは深刻なHIV感染疑惑に陥っており、ほとんど100%感染している、陽性だと思っていました。だから世間体を気にしながらも保健所に行けたのだと思います。

HIV検査キットを知っている今なら、やはり保健所より自宅で検査キットを使います。

◇事前情報をしっかり確認!

自宅で使えるHIV検査キットは非常に便利なのですが、使い方の情報はしっかり確認しておく必要があります。

つまり、仮にあなたがHIV検査キットで陽性になっても、ただちにHIV感染が確定する訳ではありません。

あくまでもHIV感染の可能性があると言うことであり、確認検査を受ける必要があるのです。

こうした使い方の情報をしっかり知っておく必要があり、それをもってHIV検査キットは危険だと指摘する人がいます。

しかし、ネットでHIV検査キットを購入する人は、この程度の知識はネットから入手していることでしょう。

仮に自分で入手していなかったとしても、STD研究所から必ず情報提供があり、知らないまま検査キットを使う人はほとんどいないはずです。

もしも知らないまま使った人がいたとしても、HIV陽性の検査結果が出たらここでも確認検査の必要性を教えてくれます。

これはSTD研究所に限らずどこの検査キット販売会社でも同様です。

2015年には郵送形式のHIV検査キットは8万5000個も使われました。

保健所でのHIV検査が年間に13万件であることを考えれば、HIV検査キットはしっかりとその存在意義を認知されたと言っても過言ではないでしょう。

それだけに検査キット販売会社はきめ細かいユーザーフォローを行う義務があるし、あなたもしっかり販売会社を選ぶ目が必要です。

保健所や病院の対面検査が嫌だからといってHIV検査を先延ばしにすることは、あなたにとって何のメリットもありません。

いきなりエイズのリスクが増すばかりです。

どうしても保健所に行けないのなら、どうぞHIV検査キットを使ってください。

あなたにとって早期のHIV検査は救命的検査となるかも知れません。

■関連記事:この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

『HIV検査キット体験記を読む!』

『HIV検査キットを販売している会社とは?』