保健所や病院のHIV抗体検査は感染の疑いがあった行為から3ヶ月後に検査を受けるよう推奨されています。

しかし、どうしてもHIV感染が不安な人は3ヶ月も待てず、1ヶ月後、2ヶ月後、3ヶ月後と、3回もHIV検査を受ける人までいます。

今回はこのような分割検査について考えてみたいと思います。

 

◇HIV感染が不安な人は・・・

「HIVに感染しているかも知れない・・・」

私がこの疑惑に陥ったとき、本当に不安でたまりませんでした。いや、不安と言うより怖くてたまりませんでした。

私は海外の風俗で危険行為を繰り返し、その後帯状疱疹や全身発疹、咽頭炎に頭痛、発熱と怪しい症状を連発し、自分では間違いなくHIVに感染していると思い込んでいました。

自分はHIVに感染しているかも知れない・・。その想いが強い人ほど検査結果が怖くて保健所や病院へ行けないと思います。

ところが、その恐怖を克服していったんHIV検査を受けようと決意すると、今度はもう待てません。

一刻も早く白黒つけたくてHIV検査を受けたいと思うようになります。

私の体験からそう思います。

私の場合、すでに危険行為から3ヶ月以上経過していたので問題なくHIV検査を受けることが出来ました。

しかし、中には3ヶ月経っていない人もいます。冒頭にご紹介したように分割検査と言うか、何回もHIV検査を受ける人がいるのです。

私にはその気持ち、分かり過ぎるほど分かります。例え検査の信頼性が十分でなくても、とにかく少しでも不安を晴らしたいと思うのです。

HIV感染の不安で夜も眠れない、食事も喉を通らない、仕事も手につかない、そんな日々を終わらせたいと思うのです。

例え再検査が必要だと分かっていても、HIV検査で不安を減らしたいと思うのです。

厚生労働省の関連サイト「HIV検査相談マップ」にも1ヶ月が過ぎていればそれなりの意味はあるので検査はアリですと書かれています。ただし、3ヶ月後の再検査が必須条件です。

 

◇実際にはどうする?

では、実際問題としてあなたが分割検査を受けようとすればどうすればいいでしょうか。

まず、保健所の場合です。東京都内みたいに受検者が多い都会ならともかく、私の住んでいるような地方都市、田舎では1ヶ月おきに保健所に行くのは相当勇気がいります。

なぜなら、2週間に1回とか1週間に1回しかHIV検査をしていないので、顔を覚えられています。

ほぼ全ての保健所では「感染の可能性があった日から3ヶ月後に検査を受けて下さい。」と言うのが建前です。

ホームページ上にもそう書いてあります。

保健所で電話予約するときにもほぼ必ず聞かれると思います。私もしっかり確認されました。

たぶん、「まだ1ヶ月しか経っていません」と正直に言っても検査を拒否されることはないと思います。

だから1ヶ月おきに保健所に行ってHIV検査を受けることは可能だとは思います。

けど、やはり気が引けますよね。何たって無料ですから。もし、別の保健所も使えるようならいいですけどね。

次に病院ですが、こちらはお金さえ払えば何回でも検査はしてくれるでしょう。

「3ヶ月経ってからの方がいいですよ」って言われるかも知れませんが何たって無料じゃないのでそんなには言わないでしょう。

更にあなたの自宅で使えるHIV検査キットならもっとハードルは下がります。

一応、「3ヶ月以上経ってからお使い下さい」と注意書きがありますが、単にそれだけです。

お金を出して買えば何回でも検査出来ます。

私は3ヶ月は過ぎていましたが、保健所の予約がすぐに取れなくて、到底待てないので検査キットを使いました。

その後に保健所でもHIV検査を受けています。どちらも陰性でした。

さて、あなたがHIV感染疑惑に陥って、とにかく出来るだけ早くHIV検査を受けたいと思うなら。

近くにNAT検査を受けられる医療機関がなくてHIV抗体検査しか望めないとしたら。

保健所・病院・検査キット。この3つの中から選んで分割検査を受けることになります。

お金を使いたくない、と思えば保健所です。

保健所に何回も行くのは少し気が引ける・・・と思えば、お金はかかりますが病院か検査キットです。

確かに自分の経験から言って、気まずい想いをしても、お金を使っても、HIV感染の不安を晴らす方が優先でしょう。

アイコンボタンHIVは保健所や病院に行かなくても自宅で検査が出来ます。

フッターバナー6

「いきなりエイズ」の前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
 

タイプO

・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
気になる5項目をまとめて検査!
 

タイプE

・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気。

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから