あなたは世界エイズデーをご存知ですか?この機会に保健所でHIV検査を受けてみませんか?

毎年12月1日は世界エイズデー“World AIDS Day”です。

これは1988年、WHO(世界保健機関)がエイズのまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を図ることを目的として、12 月1日を世界エイズデー“World AIDS Day”と定め、エイズに関する啓発活動等の実施を提唱したのが始まりです。

1996 年から、WHOに代わって、国連のエイズ対策の総合調整を行うこととなったUNAIDS(国連合同エイズ計画)もこの活動を継承しており、日本もその趣旨に賛同し参加しています。

なので、12月1日の前後には国や地方自治体のHIV感染予防啓蒙活動が盛んになります。ポスター、広告、イベントなどが企画されています。

そして何より、HIV検査が受けやすくなります。通常だと平日の昼間だけだった保健所が休日や夜間もHIV検査をやってくれたり、いつもは即日検査のない保健所がこの期間だけは即日検査をやってくれたり。

あるいは期間限定で検査場が特設されたり。そうしたサービスを受けることが出来ます。

この取り組みは地方自治体ごとに異なります。あなたのお住まいの町がどんなイベント、取り組みを行うのかネットで見ることが出来ます。

それがこちらです。⇒『世界エイズデー』

当サイトではあなたにHIV検査キットをご紹介していますが、出来るものなら保健所にてHIV検査を受けることをお奨めしています。

なぜなら無料・匿名だし、いざと言う時には専門スタッフがあなたを支えてくれます。

そしてHIV検査と同時に梅毒、クラミジアなどの性感染症も無料で検査してくれる保健所が多数あるからです。

日頃は仕事が忙しくて保健所には行けないあなたも、世界エイズデーの取り組み期間なら休日や夜間にHIV検査を受けることが出来るかも知れません。

特別HIV感染の不安を抱えていないあなたもこの際に一度HIV検査を受けておくのもアリです。

何しろ自分がHIVに感染しているかどうか、それはHIV検査を受けてみないと分かりません。

安心のためにHIV検査を受けるのも悪くないと思います。

何よりあなたがHIV検査を受けることで改めてHIV感染予防やエイズへの偏見、差別をなくす活動への知識、情報を得ることが出来ます。

それはあなたの為でもあるし、社会にとってもプラスになることだと思います。

私も保健所に行ってHIV検査を受けたいと思っています。あなたもぜひどうぞ。

アイコンボタンエイズ発症前のHIV検査は救命的検査となります。
フッターバナー6

「いきなりエイズ」の前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
 

タイプO

・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
気になる5項目をまとめて検査!
 

タイプE

・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気。

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから