HIV検査キットの紹介サイトで、あまりにひどい、いい加減過ぎるサイトを見つけました。

あなたは決してこんないい加減な記事を信じないで下さいね。

◇ひどい!・・・絶句するサイト

私は自分がこのサイトを運営している関係上、HIV検査キットを紹介したり販売したりするサイトには日頃から関心があります。

Googleアラートにも登録してあって、あらゆるキーワードで情報収集をしています。

そんな情報収集の中に、飛んでもないサイトが見つかりました。

以前、「ネット情報には間違いもある」という記事を書きましたが、もっとレベルが低いサイトです。

そのサイトはHIVをはじめ、梅毒やクラミジア、淋菌などの性感染症検査キットを紹介するサイトです。

まぁ、一応メインはHIV、エイズのようで、記事の80%はHIVとエイズ関連となっています。

私がそのサイトの記事を読み始めたとき、「あれれ?」って感じでおかしな点をいくつも発見しました。

事実と異なることが多々書かれています。それも、うっかりミス、誤記とは思えないものが含まれているように感じました。

もしもこの記事を読んだユーザーが本当だと信じてしまったら、それは問題だな、そう思いました。それで今回、またしても当サイトで「間違い情報」を取り上げることにしたのです。

では、具体的にどんな間違いが書かれているのか、いくつかご紹介してみましょう。

●自覚症状が出たら検査キットを使って下さい。

これ、大変危険です。あなたは絶対にこんなことをしないで下さい。

HIVにしろ、他の性感染症にしろ、何らかの自覚症状が出たら検査キットを使ってる場合じゃありません。すぐに病院へ行って下さい。

まず自覚症状からどの検査キットを使えばいいかなんて素人には分かりません。

病院で専門医に診てもらいましょう。自分の判断で検査キットを使ってる間にも感染が進行するだけです。

仮に検査キットで陽性判定が出ても、検査キットで病気が治る訳もなく、結局病院へ行くハメになります。

だったら最初から病院へ行く方が手間もお金もかからずに済みます。

当サイトで何度も書きましたが、検査キットを使うのは何も自覚症状がなくて、だけど感染不安がある場合です。

本当はその場合でも検査は保健所や病院の方がいいのですが、どうしても行けない理由があるなら、不安を放置するよりも検査キットを使って検査を受けた方がいいです、という勧め方です。

でも、自覚症状があればもう考える余地、迷う余地はありません。すぐに病院へ行って下さい。

●HIVが原因で梅毒を何度も発症する

こんな話は一度も聞いたことがありません。梅毒に感染していると、患部からHIVが感染しやすくなる、というのは事実ですが。

あるいは、HIVに感染していると梅毒の進行が早くなる、というのも事実です。

しかし、HIVが原因で梅毒を何度も発症する、というのは意味不明です。

●一般的に健康な人が感染しないような弱い病気にもかかりやすくなったときがエイズに進行した状態

これは完全に間違いとは言えませんが、HIVや性感染症の専門サイトならもっと情報は正確に伝えるべきだと思います。

この説明では「弱い病気」が何なのか分かりません。

現在、日本ではHIVに感染した人が、予め指定されている23種類のエイズ指標疾患のどれか1つでも発症した段階でエイズ患者と認定されることになっています。

つまり、「弱い病気」とはエイズ指標疾患であり、「かかりやすくなったとき」がエイズに進行した状態ではなく、どれか1つでも発症したときがエイズと認定される条件です。

●性交によるHIV感染は毎日1万人が感染している

もう、論外ですね。今の日本では年間に約1500人ほどの新規HIV感染者が報告されています。

1日当たりにすると約4人です。むろん、この数値は実際に報告された人の件数ですから、これ以外に潜在的なHIV感染者は存在するでしょう。

しかし、だからと言って「性交によるHIV感染者は毎日1万人」なんてあり得ません。年間に365万人になってしまいます。これ以上の説明は不要ですね。

●キスでHIVに感染する

HIVがキスで感染しないことは周知の事実です。確かに唾液にもHIVは含まれるのですが、感染するほどの量はありません。

過去にキスによるHIV感染は1件も報告されていません。

こうした感染ルートの誤解、誤認識はHIV感染者やエイズ患者の差別と偏見を生む原因になります。HIVは日常生活の中で感染することはありません。

とまぁ、こんな感じです。ここにご紹介した以外にもツッコミどころ満載、ずい分とひどいサイトです。

あなたがこうした間違った記事をもしも本気にして信じてしまったら、決していい結果にはならないでしょう。

当サイトでも、記事の信頼性は100%完全かと言われれば絶対の自信はありません。

しかし、可能な限り信頼できる情報源から記事の素材を見つけるようにしています。

「人の振り見てわが振り直せ」この精神を忘れずに、単なる他のあら探しに終わらないようにします。

あなたに少しでも信頼して頂けるサイトをめざし、お役に立てればと思います。

■関連記事:この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

『ちょっと待って下さい!ネット情報の中にはこんな怪しい情報もあります!』

『ここにもあった!間違ったHIV情報!』

「いきなりエイズ」の前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
 

タイプO

・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
気になる5項目をまとめて検査!
 

タイプE

・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気。

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから






________________