ある男性がHIV検査キットを使って検査を受け、自分の検体を郵送しました。

ところがその男性は検査結果が怖くてどうしてもネットで確認が出来ず、1週間が過ぎたと告白していました。

これはネットの相談サイトで見つけた実話です。この男性の気持ち、良くわかります。

今回はHIV検査を受けた時、検査結果を聞くのにどれだけ勇気がいるか、という話です。

 

◇私はHIV検査に3ヶ月かかりました

かつて私は深刻なHIV感染疑惑に陥ったことがあります。その時は検査結果が怖くて3ヶ月もHIV検査を先延ばしにしていました。

「もしもHIV陽性だったら・・・」

その怖さゆえに3ヶ月間、HIV検査を受けることが出来なかったのです。

私が勇気を出して受けたHIV検査は幸いにも陰性でした。

私と同じように検査結果を知ることが怖くてHIV検査が受けられないという人は多くいます。そして冒頭でご紹介したようにHIV検査は受けたものの、怖くて結果を聞けない、見れないという人もいます。

それはHIV検査キットだけではなく、保健所でのHIV検査でも同じです。

 

◇保健所で検査結果を聞けない人たち

厚生労働省では毎年全国の保健所におけるHIV検査の実体調査を行っています。その2014年版がこちらです。

『HIV 検査相談に関する全国保健所アンケート調査 報告書 平成26年度』

この報告書の中に、

「保健所でのHIV検査の結果を伝えたか?」

というアンケート項目があります。

これは普通に考えて、

「伝えた 100%」

だと思いますよね。

わざわざ保健所までHIV検査を受けに行ったのだから、検査結果を聞いて帰るのは当たり前のように思えます。

しかし、先ほども書いたように自分がHIVに感染しているかも知れないと思う人ほど検査結果を聞くのが怖いのです。

私が保健所でHIV検査を受けたときは即日検査だったので待ち時間は1時間ほどでした。

いったん保健所を出てすぐ近くのファミレスで待っていたのですが、その1時間の長かったこと。そして怖かったこと。そのまま逃げて帰ろうかと思ったくらいです。

そして、実際に保健所での検査結果を聞かないままの人がいるのです。

先ほどの、

「保健所でのHIV検査の結果を伝えたか?」

このアンケート結果をご覧頂きましょう。下のグラフをご覧ください。

保健所HIV検査結果

全国の保健所、特設検査所でアンケートに回答してくれた数字を見ると、2014年に行ったHIV検査の件数は118,345件です。

このうち、検査結果を伝えることができたのは98.2%であり、残り1.8%の人には検査結果が伝わっていません。

それを検査結果が陽性だった人、陰性だった人で別々にみると、

●検査結果陽性(378件)

・結果を伝えた ・・・・93.4%

・結果を伝えていない・・6.6%

 

●検査結果陰性(117,967件)

・結果を伝えた ・・・・98.3%

・結果を伝えていない・・1.7%

このように、保健所でHIV検査を受けて、検査結果を聞かなかった人は全部で2,086人いて、そのうちの25人はHIV陽性だったのです。

保健所のHIV検査は匿名検査なので、本人が検査結果を聞きに来なければ連絡の方法はありません。

 

◇郵送式のHIV検査キットではどうか?

では、郵送式のHIV検査キットではどうでしょうか。冒頭にご紹介した人のように、やはり検査結果が怖くて結果を見れない人もいるでしょうね。

それがどのくらいの人数、割合なのかは分かりませんが、間違いなくいると思います。

そういった人たちは、かつての私同様、まず検査キットを使うまでに相当勇気がいったはずです。確かに検査キットだと保健所の対面検査よりハードルは低いと思いますが、それでも勇気は必要です。

それで勇気を出して検査キットを使うまでは何とかクリア出来たのです。

ただし、どうしても検査結果が怖い。怖くて直視出来ない。

分かります、その気持ち。どんなに大きな不安を抱えていても、HIV陽性が確定するまではまだ何とか逃げ場もあります。

でも、HIV陽性が確定したらもう逃げ場はありません。現実と真正面から向き合うしかないのです。それが何より怖い。

私も決してえらそうなことは言えません。私も逃げ出す一歩手前だったのです。

でも、命が助かりたいなら、HIV検査の結果から逃げることは出来ません。

私にとっても、あなたにとっても、一番恐れるべきは「HIV陽性」の結果ではなく、検査結果を知らぬままエイズを発症することです。

早期のHIV検査はあなたにとって救命的検査となります。

アイコンボタンHIVは保健所や病院に行かなくても自宅で検査が出来ます。

フッターバナー6

「いきなりエイズ」の前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
 

タイプO

・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
気になる5項目をまとめて検査!
 

タイプE

・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気。

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから