HIV検査キットでもしも「陽性」判定が出てしまったら・・・

HIV検査を受けるにあたって何が不安、心配といって検査結果が最大の不安でしょう。

私自身、HIV感染疑惑を抱えながら3ヶ月も検査を受けずにいたのですが、その理由は検査結果を知るのが怖かったからです。

もしかしたらあなたも検査結果を怖がって、保健所に行くのをためらっていませんか?HIV検査を先延ばしにしていませんか?

ここではもしもあなたがHIV検査キットで陽性の判定を受けたら、その後どうすればいいのか説明します。

万一の場合のことを知っておけば心に多少なりとも余裕が生まれます。

私自身、もしも自分がHIV陽性だった場合のシュミレーションを何度も考えました。それでHIV検査を受ける決心が出来たのです。

◇HIV感染症はもはや致死的疾患ではない!

真っ先にあなたに知っておいて欲しいのは、HIV感染症はもはや致死的疾患ではないと言うことです。

エイズ発症前に検査で感染が分かれば、エイズ発症を防いでほぼ今まで通りの生活が可能です。

入院も不要であり、1ヶ月に1回から3ヶ月に1回程度の通院だけで済みます。

私自身、自分がHIVに感染しているかも知れないと不安になったとき、あまりHIVやエイズのことを知らなくて、もしもHIVに感染していたらエイズになって死ぬんだと思い込んでいました。

完全な情報不足、知識不足だったのです。知識不足、情報不足は例外なく恐怖心を増幅させ、思考回路をネガティブに変えていきます。

だからあなたにはまず、HIVに感染してもエイズを発症せずに長生きできるのだということを真っ先に知っておいて欲しいと思います。

⇒『あなたが最も怖れるべきものは?』参照。

HIV陽性の告知は決してあなたの人生が終わったことを意味するものではありません。

◇HIV検査キットはスクリーニング検査です

今説明したように、万一不運にもあなたがHIVに感染していたとしても、決してそれは即エイズ発症ではないことを知って頂いた上で、実際にHIV検査キットで陽性判定を受けたらどうすればいいのかを書きたいと思います。

まず、HIV検査キットによる検査はスクリーニング検査であることを再確認してください。

スクリーニング検査とは、あなたがHIVに感染している可能性があるか、可能性がないかを振り分ける検査です。

ここで陰性と判定されればあなたはHIVに感染している可能性がないので、もう心配することは何もありません。

一方、もしも陽性判定が出たらあなたはHIVに感染している可能性があります。あくまでも「可能性」です。

まだあなたがHIVに感染したと決まった訳ではありません。更に確認検査を受けて感染を調べることになります。

これはHIV検査キットだけでなく、保健所の検査でも病院の検査でも同じです。

スクリーニング検査の陽性は偽陽性の可能性があり、確認検査を受けるまでは感染しているかどうか分かりません。

従って、あなたがHIV検査キットで陽性判定を受けても決して慌てたり、自暴自棄になったりしないで下さい。

何度も書きますがその段階ではまだHIV感染の可能性があると分かっただけです。

このあたりの解釈については、検査キット会社からも丁寧に、分かりやすくあなたへ説明があります。

あなたが希望すれば専門病院の紹介までしてくれます。(全ての検査キット会社が対応しているかは不明。ホームページでご確認ください)

HIV検査陽性

よく、HIV検査キットのデメリットを説明する理由として、

「もしもHIV陽性と分かったとき、誰もフォローしてくれない。」

と指摘されることがあります。

しかしこれは正しい指摘ではありません。検査キット会社では可能な限りフォローしてくれます。

それに、何度も書きますが最終的に検査キットでHIV感染が確定する訳ではありません。

HIV感染確定の告知は検査キットではなく、保健所や病院の仕事なのです。

検査キットはスクリーニング検査であって、感染の可能性を判別するものです。

もしもあなたがHIV陽性の判定を受けたら、この先どうすればいいか検査キット会社がきちんと説明してくれます。(ただし、会社を選ぶ必要はあるかも知れません)

しかし、ここから先の確認検査は検査キットでは出来ません。

偽陽性の出ない、もっと他の検査方法であなたのHIV感染を検査します。それには保健所か、病院へ行く必要があります。

その場合、いきなり確認検査から行うことはなく、再度スクリーニング検査から行うことになります。

そこで陰性になればHIV検査キットの判定は偽陽性だったことになり、あなたは感染していないことが分かります。

でも、再度のスクリーニング検査でまたしても陽性となると、今度は保健所、もしくは病院での確認検査を受けることになります。

そして、そこでの判定が最終結果となります。

不運にしてHIV陽性判定が出れば、あなたはHIVに感染していることになります。

◇HIV感染の告知

あなたの確認検査の結果が陽性であれば、それをあなたに告知する人が今後のことを説明してくれます。

●エイズ専門病院の紹介

●今後の治療方法

●医療費負担の支援制度

●家族、職場、学校などへの対応

●二次感染の予防法

こうしたすぐに対応が必要となることから、少し将来的なことまで説明してくれます。

例えば、医療費についてです。あなたのイメージでは、HIV感染の治療費は高いと思いますか?詳しく知らなくても想像すると高いと思いますよね。

実際、毎月の薬代は20万円くらいかかるそうです。(もちろん症状や進行具合にもよります)

これを健康保険だけで支払おうとすれば、毎月6万円も必要になります。これは普通の人には払えません。何しろ1ヶ月や2ヶ月のことではありません。

しかし、医療費については様々な支援制度が利用でき、実際には1万程度、多くても2万円程度で済みます。

それでも決して安い金額ではありません。

あなたの収入や家庭状況などで治療が継続できるような支援方法を専門スタッフがいっしょに考えてくれます。

◇どんな治療を受ける?

HIV感染症は必ずしもすぐに薬を飲む必要はありません。HIVが感染していると分かっても、まだ免疫力が危険水準まで低下していなければ観察治療だけで薬の投与は行いません。

この状態が何年続くのかは人によりますが、3年間の人もいれば5年間の人もいます。

そしてこれ以上免疫力が低下すると危ないとなったときに抗HIV薬の投与が始まります。

この抗HIV薬も以前は飲む量が多くて大変だったそうです。しかも副作用がきつい薬もあったそうです。

それがどんどんいい薬が開発されて、今では薬の量も副作用も減ってきたそうです。

薬の投与によって体内ウイルス量を減らし、免疫力を回復させます。

その状態が落ち着けば、後は月に1回とか、3ヶ月に1回の通院で済みます。仕事を続けることも、普通の日常生活を続けることも可能です。

ただし、医師に指示された量、回数の薬を飲まなくてはなりません。

自分でかってに飲むのを止めたり量を変えたりすると薬が効かなくなる恐れがあります。

◇誰に話す?

もしもあなたがHIVに感染していると分かったら、そのことを誰に話しますか?私もHIV検査を受ける前にずい分悩みました。結局、事前に決めることなく検査を受けました。

基本的に、あなたのHIV感染を誰かに話さなくてはいけない義務はありません。

家族にも職場にも、話したくないなら話す必要はありません。

病院や保険所がかってにあなた以外の第三者に情報を漏らすこともありません。

HIVに感染していることは極めて重要な個人情報であり、軽く扱われることはありません。

とは言え、実際問題としてあなたが過去に性的接触を持った人はHIVに感染している可能性があります。

直ちにHIV検査を受けることが望ましい訳です。

どこまでの人に自分のHIV感染を伝えるか。これはとても難しい問題です。

そして現在の日本では法的な決まりは何もありません。あなたの意志が尊重されるのです。

もしもあなたが自分で決めることが出来なければ、あなた一人で悩まず、専門のカウンセラーが相談に乗ってくれます。

あるいはHIV陽性者のサークル、支援団体が彼らの体験をもとに相談に乗ってくれます。

◇まとめ

かつてHIV感染の告知は近い将来の死の宣告に等しいものがありました。

有効な治療法がない時代、医療機関の「HIV告知マニュアル」には、死の宣告をいかに行うか書かれていました。

一部のマニュアルは今でもネット上でに残ったままになっており、私もいくつか見たことがあります。

むろん、告知される本人が一番つらいのですが、告知する方もそれなりに辛いものがあったようです。

しかし、現在ではHIVに感染していてもエイズ発症を防ぐことが出来ます。

経済的な負担も少なくて済むような支援制度もあります。あなたが一人で抱え込むことなく、相談に乗ってくれる窓口もあります。

HIV陽性の告知は決して軽い告知ではありませんが、絶望の告知ではないと思います。

私は自分が幸いにもHIV検査で陰性だったから、HIV陽性の告知を受けずにすんだから、今ここでこんなことが書けるのかも知れません。

当事者ではないから、こんなことが書けるのかも知れません。

でも、HIV検査を受ける決心をした直前には、自分がHIV感染だった場合の覚悟もある程度はしたつもりです。

その覚悟が出来たらから検査を受ける勇気が出たとも言えます。

もし、あなたがHIV感染の告知を受けても決してそれであなたの人生が終わる訳ではありません。

これだけは断言できます。

だからあなたにHIV感染の不安があるなら、どうか1日でも早く検査を受けて欲しいと思います。

早期のHIV検査があなたにとって、救命的検査になるかも知れないことを覚えておいてください。

*ここを見ればHIV検査キットの全てが分かる!

たった10分で終わった『HIV検査キット体験記』

アイコンボタンHIVは保健所や病院に行かなくても自宅で検査が出来ます。
フッターバナー6

「いきなりエイズ」の前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
 

タイプO

・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
気になる5項目をまとめて検査!
 

タイプE

・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気。

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから