HIV検査を受けない人は大勢います。そのため潜在的なHIV感染者は公表されている数の何倍も多いと言われています。

つい最近、あるHIV検査キットを販売しているサイトを見つけました。そしてそのサイトに書かれている記事にとても違和感を覚えました。

●厚生労働省が発表しているHIV感染者の10倍も多い感染者が存在する。

●エイズを発症してしまったら治療は効かない。

この2つの記事です。

私が思うにはこの記事は明らかにHIV感染不安をあおってHIV検査キットを買わせようとする魂胆がミエミエです。

1.HIV感染者は横ばい傾向

2013年2月22日に厚生労働省エイズ動向委員会から2012年のエイズ動向速報値が発表になっています。

そのデータによれば、新規のHIV感染者は1,001人であり、新規のエイズ患者は445人とされています。

そして過去10年以上の推移を見てみると、こんな感じになります。

2012年HIV感染者・エイズ患者
図1.新規HIV感染者・新規エイズ患者の推移

グラフからもお分かりのように新規のHIV感染者は増加傾向から横ばい傾向になっています。

エイズ動向委員会の岩本委員長も、

「新規のHIV感染者が増加していることを示すデータはなく、横ばい状態になっている可能性がある。」

とコメントされています。

むろん、このデータはHIV検査を受けて見つかった感染者数なので、検査を受けずに感染している人が何人いるかは分かりません。

その潜在的なHIV感染者を推定する材料の1つが献血によるHIV陽性件数です。

何しろ保健所でHIV検査を受ける人は年間に約13万人ですが、献血件数は500万件を超えます。

もしも潜在的なHIV感染者がいれば献血で見つかる可能性がある訳です。

そこで次のグラフを見てください。

平成12年から平成24年までの献血件数と献血で見つかったHIV陽性件数の推移です。

2012年献血
図2.献血件数とHIV陽性件数の推移

このデータも厚生労働省エイズ動向委員会から発表になった数値を私がグラフ化したものです。

献血におけるHIV陽性件数はここ数年減少傾向にあります。ここでもHIV感染者の増加を示すデータはありません。

確かにHIVに感染していても検査を受けなければ感染は分かりません。しかし、感染していれば数年先にはエイズを発症します。

エイズを発症した時点では気が付かないなどあり得ません。日本においては必ず病院に行くはずです。

そして医療機関に対してHIV感染者もエイズ患者も発見から1週間以内に必ず報告することが法律で義務付けられています。

そこで、もしも潜在的なHIV感染者が公表されている数の10倍も多くいたとしたらどうなるでしょう。

どこかでエイズ患者が爆発的に増加するはずです。潜在的なHIV感染者がエイズを発症するからです。

確かに新規のエイズ患者は増加傾向にあるのですが、しかしHIV感染者が10倍もいるとは思えない増え方です。

そもそも10倍もいるとする根拠が全く不明であり、信ぴょう性に欠けます。

2.エイズは治療できる

次にエイズを発症すれば治療は効かないとする記事も間違いです。

現在の医学ではHIVに感染してもエイズの発症を防ぐことが出来るし、仮にエイズを発症しても免疫力を回復させることが可能になっています。

かつてのような致死的疾患ではないのです。エイズで亡くなる患者は1997年ごろから激減しています。

次のグラフを見てください。1988年から2010年まで、22年間のエイズ患者の病変死亡者人数です。

赤色の線が入っている1997年頃から死亡者が減っています。(ただし各医療機関からの任意報告の集計であるため、全ての死亡者数ではない)

エイズ病変データ
図3.1988年(平成元年)から2010年(平成22年)までのエイズ患者病変死亡者数

これは1997年ごろからARTと呼ばれる治療法が始まり、それによって劇的に予後が改善されたのです。

従ってエイズになっても治療が効かないと言うのは全くの間違いです。

3.正しい情報を知ることが大事!

以上のように、私が見つけたHIV検査キット販売サイトの記事には信ぴょう性に欠ける記事が2つありました。

HIVやエイズに関する情報はネット上で溢れています。

しかし、その全てが本当であり、信ぴょう性が高いとは言えません。あなたはどうか正しい情報のみを信じてください。

それがあなたのHIV感染予防に役立ち、あなたの身を守ることにつながります。

当サイトもあなたに信じてもらえるように正しい情報だけを発信していきたいと思っています。

アイコンボタンエイズ発症前のHIV検査は救命的検査となります。
フッターバナー6

「いきなりエイズ」の前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
 

タイプO

・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
気になる5項目をまとめて検査!
 

タイプE

・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気。

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから