厚生労働省エイズ動向委員会が2月24日に発表した2014年エイズ動向速報値をお届けしたいと思います。

あまりHIVやエイズがメディアに登場することはありませんが、これから紹介するデータは全て2014年にあなたの身の回りで起きたことです。

決してどこか遠い世界の他人事ではありません。

元データはこちらです。⇒『エイズ動向委員会報告』

管理人注記:姉妹サイト「HIV検査完全ガイド」にて2015年の速報値を最新データとして公開しています。よかったらそちらもどうぞご覧下さい。(2016年3月2日)

■2015年エイズ動向速報値(HIV検査完全ガイド)

◇2014年のエイズ動向

エイズ動向委員会が発表した2014年のエイズ動向速報値をご紹介したいと思います。なお、今回の数値はあくまで速報値であり、例年ですと今年の8月くらいに正式版が発表になります。恐らく正式版の方が件数が増えていると思います。

●新規HIV感染者
1,075人(過去4位)

●新規エイズ患者
445人(過去5位)

●新規HIV感染者と新規エイズ患者の合計
1,520人(過去5位)

●HIVに感染した人ですでにエイズを発症していた人の割合(いきなりエイズ
29.2%(HIVに感染したと報告された人の約3人に1人はすでにエイズを発症)

●平成11年から平成26年までの推移

HIV・エイズ動向
図1.HIV感染者・エイズ患者の推移

あくまでも速報値ですが、新規のHIV感染者、エイズ患者、共に報告件数は減少しています。むろん、HIV感染者については検査で見つかった人だけですから、潜在的な感染者はもっと多いはずです。

2014年のエイズ動向については姉妹サイトで詳細なデータをご紹介しています。よろしければぜひご覧下さい。

『エイズ動向2014年速報値』

◇早期のHIV検査が救命的検査である証

さて、当サイトでは早期のHIV検査は救命的検査であると繰り返し説明しています。それは、エイズ発症前にHIV感染が分かれば治療によってエイズを防ぐことが可能だからです。

図1をご覧頂いてお分かりの通り、ここ数年国内では新規のHIV感染者は1000人超です。(新規エイズ患者をのぞく)

こうしたHIVキャリアとして報告された人達はその後どうなったでしょうか。本当にエイズ発症を防ぐことが出来ているのでしょうか?実はそれを正確に確認できるデータはありません。

現在、国内で新規HIV感染者、エイズ患者が見つかった場合、7日以内に所管の保健所へ届け出るよう法律で定められています。従って国内でHIVに感染した人、エイズを発症した人の件数は全数報告され正確に把握されています。

しかし、それはあくまでも新規の場合であり、いったん報告されたHIV感染者、エイズ患者のその後の病変については任意報告とされています。つまり、必ずしも報告の義務はありません。

HIVに感染した人がその後エイズを発症した場合、あるいはエイズ患者として報告された人が亡くなった場合、その報告義務はありません。従って全数報告ではなく任意報告のため正確な件数は分かりません。

そうした任意報告ベースではありますが、エイズ動向委員会から病変件数が公表されています。それをグラフ化したものが図2です。2014年のエイズ動向速報値と合わせて作ってみました。

HIV・エイズ病変
図2.HIV・エイズ病変の推移

赤色の折れ線グラフがエイズ患者が死亡した任意報告件数、青色の折れ線グラフがHIVキャリアのエイズ発症病変を示しています。ただし、エイズ患者の死亡病変はエイズ関連死以外も含みます。例えばエイズ患者ががんで亡くなった場合も含まれています。

このようにそもそも任意報告で全数ではない上にエイズ関連死以外の病変も含まれています。このデータでHIV感染者、エイズ患者の病変全体像をとらえたとするのは無理があるかも知れません。あくまでも参考程度にしかならないかも知れません。

しかし、それにしても新規のHIV感染者は毎年1000人以上います。それに対してHIVキャリアがエイズへ病変する件数は10件前後です。

すなわち、病変しなかった残りのHIV感染者は抗HIV医療(ART)によってエイズ発症を抑えることに成功している訳です。(何度も言いますが病変は任意報告分だけの集計です。)

それでも10件前後はエイズを発症しています。それはなぜか?その理由までは分かりません。もしかしたら、HIV感染者が治療中に薬を飲むのを中断してしまったり、あるいは治療開始の時期が遅くてエイズ発症してしまった、そんな理由かも知れません。

1990年代半ばまではHIV感染症は致死的疾患でした。HIV検査で陽性が確定した感染者には数年先の死を告知していたのです。何と辛く悲しい、残酷な告知でしょうか。

治る見込みがない、死を待つだけの病気なら知らない方がいい、そう思ってHIV検査を受けない人も多くいたことでしょう。それも分かります。

しかし、現在ではHIV感染症は完治出来ないまでもエイズ発症を防ぐことは可能になりました。ただし、出来るだけ早期にHIV感染が分かった方が治療の効果、予後がいいのは当然です。

冒頭でご紹介した2014年のエイズ動向速報値で、HIVに感染したと報告された人の約3割はすでにエイズを発症していました。何度も言いますが、この患者さんたちは早期にHIV検査を受けていればエイズを防げた可能性が高いのです。

あなたにHIV感染の不安や心配があって、どうしても保健所や病院に行く時間がなければ、自宅でHIV検査キットを使ってでも検査して下さい。あなたにとって早期のHIV検査は救命的検査となります。

■関連記事:この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

『HIV検査を悩んでいるあなたへ』

『HIV感染者はホントは10倍もいる?』________________