HIV検査キットの中で、検査を受ける時期の説明がないものがあります。こんな検査キットは使わない方が無難です。

ずっと前から気になっていたのですが、数あるHIV検査キットの中に、検査を受ける時期、すなわち使用するタイミングについて説明のないものがあります。

これって・・・・。不親切を通り越して不信感を持ちますね。

◇検査を受ける時期の表示がないHIV検査キット

あなたもご存知のように、HIV検査は検査キットでも保健所検査でも病院の検査でも、必ず検査を受けるタイミング、時期には条件があります。

たいていはHIV感染の可能性があった日から3ヶ月以上経過して検査を受けて下さい、と言う注意書きがあります。中にはマージンを少な目にとって2ヶ月目でも大丈夫とするところもあります。

いずれにしても、その商品、その検査における検査時期の説明があるのが普通です。

もしもあなたが何も知らずに危険行為から1週間目くらいにHIV検査を受けて、陰性だったと喜んだとしたら。そして運悪く本当はHIVに感染していたとしたら。

この場合は防げたはずの「いきなりエイズ」を防げないまま、あなたは数年先にエイズを発症し、以前受けたHIV検査が無効だったことを初めて知ることになります。

実は私が調べた国内HIV検査キット販売サイトの中で2社ほど、検査を受ける時期の説明、表示がないものがありました。信じがたいのですが、確かに公式サイトに見当たりません。

恐らく、製品についてくる取扱い説明書には検査時期が書かれているのでしょう。公式サイトも製品紹介ページ以外の場所に書かれているのかも知れません。

でも、それは極めてユーザーに対して不親切です。不誠実と言ってもいいくらいです。なぜなら、検査を受ける時期は非常に重要であり、先ほども書いた通り検査時期を誤ると検査の信頼性が著しく低下するからです。

 

◇STDチェッカーの場合には

そこで私が最も信頼できると思っているSTDチェッカーの場合を見てみましょう。

■STDチェッカー タイプJ(男女共用)

このページがHIV検査用のタイプJのページです。そこにはすぐ目につく位置に「検査を受ける時期に関するご注意」と言う注意書きがあります。

検査を受ける時期1
図1.検査を受ける時期(1)

この注意書きをクリックすると、次の画面に飛びます。そこにはHIV検査だけでなく、STDチェッカー全ての検査時期一覧が出てきます。

そこで、「血液検査(HIV/エイズ)を受ける時期」と言う項目を選んでクリックします。

検査を受ける時期2
図2.検査を受ける時期(2)

すると現れるのが下のページです。

STDチェッカーを使用するタイミングは感染の可能性があった日から3ヶ月経過した後です。しかし、もしも1ヶ月目、2ヶ月目に使用したら、その時の検査キットの信頼性はどうなるのか、そこまで説明されています。

検査を受ける時期3
図3.検査を受ける時期(3)

私はいつも思うのですが、やはり数ある検査キットメーカーの中でSTD研究所が一番信用出来る、信頼出来るなぁと。検査を受ける時期をここまで分かりやすく、親切丁寧に説明しているメーカーって、他にないです。

■STDチェッカー タイプJ(男女共用)

何度も繰り返しますが、HIV検査キットを使う時期、検査を受けるタイミングは非常に重要です。そこを誤認識して使うと運悪くHIVに感染していた場合には取り返しのつかない危険性もあります。

そんな大事なことはメーカー責任でユーザーである私やあなたにしっかり説明して欲しいものです。その点、やっぱりSTD研究所は安心出来ます。あなたもぜひ一度、STD研究所の公式サイトをご覧になって下さい。それから他社の公式サイトと比較してみて下さい。

あなたはどちらのHIV検査キットが信頼出来ると感じましたか?どうぞ最も信頼出来ると感じた検査キットをお使い下さい。

アイコンボタンエイズ発症前のHIV検査は救命的検査となります。
フッターバナー6

「いきなりエイズ」の前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
 

タイプO

・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
気になる5項目をまとめて検査!
 

タイプE

・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気。

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから