あなたは保健所や病院で使われているHIV検査キットがどんなものかご存知ですか?

現物を見る機会はそうそうないと思いますので、今回は当サイトで取り上げてみたいと思います。

単にあなたが見たことがないだろうと言うそれだけの理由からではありません。

もう一つ大きな理由があります。

それは・・・本文にて。

 

◇「医療機関で使われているものと同じ」と言うまやかし

もう、散々当サイトでは記事にしてきたHIV自己検査キット。

海外からの輸入品で、自分で検査結果まで判定するタイプのHIV検査キットです。

信頼性や安全性に問題アリなのでお奨め出来ませんとお伝えしてきました。

このHIV自己検査キットの販売サイトのいくつかは、こんな宣伝文を掲載しています。

『この検査キットは医療機関で使われているものと同じものです。安心してお使い下さい。』

あなたもこの宣伝文、見たことありませんか?

この手の宣伝文は、必ず「医療機関」とだけ書いてあり、具体的にどこの医療機関なのかは書いてありません。

確かに、世界中の医療機関を探せば、どこかで使っているかも知れません。

しかし、少なくとも日本国内の保健所や病院では使われていません。

でも、何となく日本の医療機関でも使っているのかなぁと、勘違いする人も出てきそうです。

販売サイトを運営する企業からすると、

「別に日本の医療機関とは書いてない!」

と、言うでしょうね。

だけど世界中のどこで使われているか分からないような検査キットを「医療機関で使っているのと同じ」と宣伝するのはいかがなものかと、私は思いますけどね。

 

◇日本国内で使われているHIV検査キットはこれ!

現在、日本国内で認可されたHIV用の迅速検査キットは、わずか2種類しかありません。

その2つをご紹介しましょう。

●エスプラインHIV Ag/Ab

エスプライン

HIV-1、HIV-2の抗体、及びHIV-1のp24抗原を検査出来ます。

●ダイナスクリーン・HIV-1/2

ダイナスクリーン

HIV-1、HIV-2の抗体を検査出来ます。

今ご紹介した2種類のみが日本国内で認可された迅速検査キットです。

これ以外にないのですから、輸入品のHIV自己検査キットが日本の医療機関で使われているはずがありません。

「検査キット」と言う名前から同じものをイメージするかも分かりませんが、全く別物です。

 

◇まとめ

海外からの輸入品である、HIV自己検査キット。

一部の販売サイトで、

『この検査キットは医療機関で使われているものと同じものです。安心してお使い下さい。』

などと宣伝していますが、今回説明したように日本国内の医療機関では使われていません。

どうかあなたはHIV自己検査キットを使わずに国産の郵送式HIV検査キットをお使い下さい。

関連記事4

矛盾してませんか?HIV自己検査キット!

HIV自己検査キットの注意強める厚生労働省

アイコンボタンエイズ発症前のHIV検査は救命的検査となります。

フッターバナー6

「いきなりエイズ」の前にHIV検査
タイプJ ・HIV検査専用です。(男女共通)
・私はたったの10分で終わりました。

¥4,600+消費税
矢印STDチェッカー タイプJ
重複感染は単独よりも危険です!
 

タイプO

・HIV
・梅毒
・B型肝
(男女共通
・HIVと最も重複感染の多い性感染症。

¥7,750+消費税
矢印STDチェッカー タイプO
気になる5項目をまとめて検査!
 

タイプE

・HIV
・梅毒
・B型肝炎
・クラミジア
・淋菌
・一番怖い病気と一番感染者が多い病気。

¥9,200+消費税
矢印タイプE 男性はこちらから

矢印タイプE 女性はこちらから